ニュース
» 2020年04月20日 23時25分 公開

東京ビッグサイト、オリ・パラ延期に伴う施設の貸出休止期間変更を発表 東棟は2021年の大会終了まで貸出不可

大きな変更が。

[ねとらぼ]

 東京ビッグサイトは、東京オリンピック・パラリンピックの開催延期に伴う施設の貸出休止期間の変更を発表しました。



 東京ビッグサイトはオリンピック・パラリンピックの期間中、国際放送センターなどとして長期間利用される予定。そのため、大会の開催延期に伴い東展示棟、西・南展示棟、青海展示棟の貸出休止期間にそれぞれ大きな変更があります。

 東展示棟は当初2020年4月1日〜11月30日までの貸出休止が発表されていましたが、2021年の大会終了後の撤去工事完了までの期間が使用不可に。

 西・南展示棟は2020年5月6日〜9月30日までが貸出休止のはずでしたが、同期間の貸出が可能に。代わりに大会が開催される2021年の同期間が貸出休止となります。

 青海展示棟は7月15日〜9月9日までが貸出休止予定でしたが、同期間の貸出が可能になります。



 2021年の貸出休止期間については、追って詳細を発表予定としています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.