ニュース
» 2020年04月21日 19時30分 公開

一人暮らしが外出自粛すると「本当に完全なる孤独」……! 外出自粛要請で体に起きた異変を描いた漫画に共感の声

生活も情報もコントロールしつつ。

[林美由紀,ねとらぼ]

 外出自粛中の独身一人暮らしの人の様子を描いた漫画『外出自粛中、独身一人暮らしの人間はこんな状態に陥りました』に「わかる」の声や「こうやって過ごすといい」という提案の声が届いています。作者はカマタミワ(@kamatamiwa)さん。


外出自粛中のひとり暮らし06 外出自粛をしているひとり暮らしが気をつけたい事


 作者のカマタさんは一人暮らし。職業柄もともと自宅で仕事をしていました。しかし、外出自粛要請が出てからSNSで他の人の生活を確認したり、連日ラジオから流れる新型コロナウイルスの感染者数や死亡者数などの情報を聞くにつれて、気持ちがざわざわして仕事に集中できず、食欲も落ちてしまったといいます。そんな日々の中、一人暮らしは外出自粛すると誰にも会えず、本当に孤独なのだと感じたカマタさん。

 今までも忙しいと2週間くらいこもって仕事をしていたものの、ストレスが溜まったら、飲みに行ったり、銭湯やサウナに通ったり、カラオケや友人とバカ話をして発散できていたのにそれができない今……。会いたい人と会えることや息抜きにお茶を飲みに行くことなどの大切さを実感していました。そんな時、頭痛や不眠など体に異変が起こります。


外出自粛中のひとり暮らし01


外出自粛中のひとり暮らし02


外出自粛中のひとり暮らし03


外出自粛中のひとり暮らし04

 そこでカマタさんは、心身がダメージを受けていることを自覚して、きっちりケアをしようと思い立ちます。一人暮らしだと生活が乱れがちになってしまったり、一人きりでさまざまな情報に触れ続けてしまうことがよくないので、規則正しく生活することやニュースを流し続けないこと、リフレッシュの時間を取ることなどを心がけようと、自身の経験から得た教訓で結んでいます。


外出自粛中のひとり暮らし05

 もちろん大切な情報ではありますが、テレビを付ければ新型コロナウイルスのニュースや話題ばかり、SNSでもたくさんの人が意見や憤り、悲しみなどを発信していたりするので、心がしんどい事もあるかもしれません。こんな時だからこそ、規則正しい生活を心がけ、情報も入れすぎないようにすること。そして、友人と連絡を取ったりしながら、気持ちが孤独になりすぎないよう、なんとか乗り切っていきたいものですね。

 この漫画の読者からは「分かりみが超絶深い」「正に虎舞竜の世界!なんでもないようなことが〜幸せだったとおもーう」「友達とのオンライン飲み会、オススメします」「ラジオはAMじゃなくFMにすると音楽がメインでたまにニュースなのでバランスいいですよ。お大事に。」などおすすめの過ごし方や「わかる」というコメントが届いています。



 作者のカマタミワ(@kamatamiwa)さんは、ブログ「一人暮らしカマタミワの半径3メートルのカオス」で日常のエッセイ漫画を公開中。コミックエッセイ『ひとりぐらしこそ我が人生』もKADOKAWAより出版されています。

画像提供:カマタミワ(@kamatamiwa)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」