ニュース
» 2020年04月22日 08時00分 公開

マスクのありなしで会話中の飛沫はどのくらい違うか 米国立衛生研究所がレーザーで可視化

マスクなしは小声でも飛沫が確認できます。

[関口雄太,ねとらぼ]

 米国立衛生研究所が、話しているときのしぶきが飛んでいる様子をレーザーで可視化しました。マスクをつけている場合とつけていない場合を比べて、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染の原因の1つとされる飛沫の量を抑えられることを発表しています。



 この実験結果は「The New England Journal of Medicine」に掲載されました。内側を黒く塗った箱の中で「Stay Healthy(ステイヘルシー)」と発声し、緑のレーザーで飛沫を可視化して、マスク(わずかに湿った手ぬぐい)で口を覆った場合とそうでない場合で飛沫量を比べます。


 マスクをつけていない場合では、画面全体を覆うような飛沫が確認できます。声を小さくした場合は、音量に合わせて量は減るものの、たくさんの緑色の光が見えます。


米国立衛生研究所、会話中の飛沫をレーザーで可視化 マスクでしぶき量が低下すると判明 マスクなしの場合は飛沫がよく見える

 続いてマスクをつけた場合では、飛沫の量に大きな変化がありました。緑色の光はほとんど見えません。2回目、3回目と声の大きさを上げますが、飛沫量はほとんど変わりません。


米国立衛生研究所、会話中の飛沫をレーザーで可視化 マスクでしぶき量が低下すると判明 マスクで緑色の光はほとんど確認できない状態に

 飛沫量は常に一定ではなく、発する言葉によって違いがあるようです。実験では、「Stay Healthy」という言葉が使われましたが、「Healthy」の「th」の音を発話したときに、飛沫の量が最も多くなったと報告しています。


 発表によると、実験の目的は口を覆った場合の飛沫量を調べることしています。どの程度の飛沫がウイルス感染に関係するかは明らかにしていません。


(画像はThe New England Journal of Medicineから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」