ニュース
» 2020年04月22日 20時15分 公開

子どもたちからの絶え間ない“お母さんお母さん”攻撃、どうすればストレスが減る?→“あるルール”の実装で試合に勝って勝負に負けた結果に

勝ち負けではないけれど、なんだか負けた気分……。

[かのん,ねとらぼ]

 9歳の「ダイちゃん」と7歳の「ショウちゃん」の兄弟を育てる「イメトモ」さんのブログ「やめて!ハハのライフはもうゼロよ!」で、「絶え間ないおかあさん攻撃」に対して妙案をひらめくも、なぜか負けた気分になるハハのエピソードが公開されています。

ハハ 「ねぇ、おかあさん」「おかあさん、あのさ」朝から晩まで呼ばれる生活

 外出自粛かつ休校中の日々の中、ずっと自宅で子どもと過ごすことに少なからずストレスを感じているイメトモさん。特に、大した用もないのにすぐ「おかあさん」と呼ばれる絶え間ない“おかあさん攻撃”に参っていました。このおかあさん(もしくはママ)攻撃、疲れているときや余裕がないとき、すごくメンタルに影響してくるんですよね……。

 どうせ呼ばれるなら毎回気分良く対応したい……そこで、妙案をひらめいたイメトモさん。おかあさんを呼ぶときは、「ねぇおかあさん」のあとに“おかあさんの好きなところ”か“感謝の言葉”を言ってから続きを話してよ、と息子くんたちに提案します。

ハハ これでハハの気分もあがるというもの

 例としては「ねぇおかあさん、今日もかわいいね。あのさ、これ見て」など。息子くんたちも「わかった〜」と快諾。

ハハ なんて良いアイデア……と思いきや

 ……が、しかし! それからはびっくりするくらい話しかけてこなくなった息子くんたち。今までの「おかあさん」攻撃はなんだったの? 全部いらないやつだったんじゃ……と思わざるを得ない反応。

ハハ え、ノー「おかあさん」?!

 本来の目的としては失敗したこの提案ですが、結果的に「静かになった」という点では成功だったのかも……。

 「試合に勝って勝負に負けた気分」とこぼすイメトモさんは、同じ境遇のお母さんに「良ければこの提案、試してみてください」と結んでいます。褒めてくれるか、静かになるかは……みなさんのお子さん次第!

画像提供:「やめて!ハハのライフはもうゼロよ!」イメトモさん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響