インタビュー
» 2020年05月29日 21時00分 公開

“ドリキャスを遊び続けている人”に聞くあのころの思い出「夜中、家族に隠れてネット接続」「本体より先にVMを購入」【令和】ドリキャスを遊んでいる人インタビュー(1/2 ページ)

もう20年もたつのかあ。

[ねとらぼ]

 2001年、ゲーム機戦争(各社の販売競争)に破れたセガはドリームキャストの製造を中止。約20年にわたるセガハードの歴史は幕を閉じた―― 長年のゲームファンの方ならば、こんな文章を目にしたことがあるのでは? 確かに今、ゲーム“会社の歴史”を書こうとするとこうなってしまうのかもしれませんが、ゲーム“ファンの歴史”はどうやら違うようです。

 本記事は“ドリームキャストを現在でも遊んでいる人”にその魅力などを伺うインタビュー企画。今回は、長年のプレイヤーに「ドリームキャストの魅力」「発売当時の思い出」などを伺ってみました。

連載企画:【令和】ドリキャスを遊んでいる人インタビュー

 「10年早いんだよ!」は“時代を先取りし過ぎるゲームメーカー”こと、セガの代名詞。その象徴ともいえるのが、ネットワーク接続機能などを1990年代末に導入したドリームキャスト。「時代が変わり、その先進性がむしろ当たり前のものになった今、同ハードの魅力は?」と、Twitterで「今でも遊んでる人」の募集をかけてみたところ、集まり過ぎちゃったので全5本の連載企画になりました。

良い意味でも悪い意味でも「セガだなあ」 ぽなかさん(@moduame


左:4台目のドリームキャスト、右:1台目(製造終了したころに故障)


ぽなかさん「ドライブ交換のため初代と2台目は分解されました」

―― ドリームキャストはいつからプレイしていますか?

 1999年4月からから21年間プレイ。遊ぶ頻度は数カ月に1〜2回と下がりましたが、今でも「MAGIC:The Gathering」を中心に起動させています。

―― 発売当時と今のドリームキャストの印象は?

 ネットワーク機能については漠然とワクワクし、家庭向けのネット利用ゲームシステムの成長促進剤だと思えました。本体性能と併せて時代の先取りが「(順当に)セガだなあ」という印象でしたね。発売したての段階で本体の製造が間に合わなかったり、一部ローンチタイトルの準備が整わなかったりとコケた点は「(悪い意味で)セガだなあ」と思いました。

 個人的には本体よりもビジュアルメモリ(以下VM)の印象が強かったですね。本体に先行して「あつめてゴジラ」というソフト内蔵のハードとして発売されていましたし、私も先にVMだけ購入して、東京ゲームショウで「あつめてシェンムー」というデータをもらった覚えがあります。

 現在ではネットワーク機能の利用はほぼ不可能で、“移植されていない専用ソフトを楽しむ3Dレトロ”という位置づけになると思います。3D描画の性能はニンテンドー3DSあたりに近い印象で、現行の家庭用ゲーム機と比べると見劣りしてしまいますが、プレイ上さしたる問題とは思いません。


ぽなかさん「VM同士の連結によるデータ交換はDC本体よりも印象が強いほどでした」




ぽなかさん「起動中のゲームもしくはセーブデータによっては、VM画面にサブ表示が出ることが。『ぐるぐる温泉』『シェンムー』のようにゲーム本編と連動したものもありましたが、多くはマスコットめいたアイコンやロゴだったかなと思います」

―― オススメのタイトルは?

 いろいろありますが、その1つは飯野賢治という天才が生み出したRPG「Dの食卓2」。

 2000年問題などが起こった、あの世紀末の時代の空気感を抱えたタイトルで、発売された1999年末から2000年正月のあいだにクリアをするのが適切とされていました。2020年とキリもいいですし、平成から令和に変わったこのタイミングに改めてプレイしてみると時代の変化が感じられるかもしれません。

 前作「Dの食卓」をプレイしている必要はないので、「2」だけでもいいので触れてみてほしいですね。


ぽなかさんオススメ作品の1つ「戦国TURB」。ぽなかさん「ケース内のわちゃわちゃした言葉もたーぶ(戦国TURB)らしさ」


「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…」


ぽなかさん「ルーマニア、JSR、スペチャン、クレタクあたりは他ハードに移植されていますが、ドリキャスらしい、セガらしいタイトルとして、非ドリキャスユーザーにも知られているんじゃないかと思います。思いたいです」


左:今でもプレイしているという「MAGIC:The Gathering」、右:「ボコ夢の達人」はオススメとは反対ですが、どうしてもクリアできなくて。果たしてクリアした人がいるのか聞いてみたいです……」とぽなかさん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/12/news052.jpg 全員垢抜けたな! 渡辺直美、「ジャンポケ」斉藤&太田との過去比較ショットに「全員華なくて草」
  2. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  3. /nl/articles/2208/12/news030.jpg 突然繰り出された柴犬の“オケツアタック”がヒット! 2回目も試みる→やっぱりなオチがほほえましい
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/12/news114.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉“みっちゃん”&暴走しまくり父親とパワフル家族旅行 「いつも仲良し」「愛情いっぱいの家族」
  6. /nl/articles/2208/12/news021.jpg 「ぱっぱぁ〜」と呼ぶ猫ちゃん、パパが来ると…… とってもおしゃべりな猫ちゃんとの会話が楽しそうでかわいい!
  7. /nl/articles/2202/04/news144.jpg こんなの回避できるか! 豪州の高速道路で起きた事故映像が怖すぎる 前方のクルマから落ちたパーツがフロントガラスに激突
  8. /nl/articles/2207/13/news136.jpg 育児の大変さを1枚で表した写真に4万7000件以上の“いいね” 一目見て分かる過酷さに「とても共感しました」の声
  9. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  10. /nl/articles/2208/12/news041.jpg 「何で絵本はすぐ読み終わるのに、1000円以上するの?」と思っていたが…… 同人活動でその理由を悟った体験談に共感続々

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい