ニュース
» 2020年04月25日 09時00分 公開

「逆にひたすら褒める!」 漫画家・山本さほさんが“ネトゲの中傷メールと戦った話”が痛快

逆に考えるんだ、「おだてあげちゃってもいいさ」と考えるんだ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ネットワーク対戦ゲームのメッセージ機能で中傷してきたプレイヤーに、“ほめ殺し”で対応したら……? 漫画家の山本さほ(@sahoobb)さんによる体験談を描いた漫画が痛快です。丸く収まったような、そうでないような読後感が最高。


アイキャッチ ほめ殺し作戦である

 プレイステーション4でネット対戦を楽しんでいる山本さんは、しばしば「ファンメ(ール)」を受け取ります。その語感はファンレターのようで好意的ですが、ネットゲームの世界では俗に「中傷メール」を指す言葉。例えば、対戦相手から「へたくそ」などの罵声が飛んでくるわけです。


1P

 対戦相手からのファンメはたいてい山本さんが圧勝したときに来るので、勝者の余裕もあってか気にならないそうですが、困りものなのが、チームを組んだ人から「足を引っ張るな」などと言われるケース。悲しい気分になるし、怒って受けて立つとケンカになるしで、何もいいことはありません。

 ある日、山本さんはそのようなファンメで「へたくそ」と罵られました。ハンドルネームの「keita2001」から察するに、相手は2001年生まれの「けいた」君(全て仮名)。そんなけいた君に、山本さんは「ひたすらほめる」作戦で対応することにしました。文字だけだと穏便に済ませようとしているようにも聞こえますが、漫画だとカッと見開いた目が不穏で、何かたくらんでいそう。


2P

 山本さんはまず、「けいた君、どうしてそんなにイラついてるの?」「仲良くしようよ☆」などとフレンドリーに返信。受けたけいた君は「てめーみてーな雑魚と仲良くするメリット皆無だわ」と鼻息の荒い様子。

 ですが、「そうは言いつつも、私みたいな雑魚を相手にしてくれるけいた君、本当は心が優しいんだね」とほめられるなり、「は? 何言ってんの?」と戸惑い始めます。

 あっさりデレてきたけいた君に、山本さんはすかさず「けいた君は本当は優しいし、アイコンのアニメキャラもかっこいい……私なんて勝てるところが1つもないよ」と追い討ち。心の薄汚れた筆者にはイヤミにしか解釈できないのですが、けいた君は素直に受け止めたようで、「まあな……」とまんざらでもない様子です。こいつチョロいぞ。


3P

 山本さんはもうひと押しだと、「さらにゲームもうまいし学校でも女子からからモテモテだろうな〜」「こんな完璧な人間と一緒にゲームできたなんて幸せだな〜」とヨイショの追撃。けいた君はすっかり上機嫌で、とうとう「オレなんてまだまだだよ。お前もけっこううまかったぜ。ひどいこと言ってごめんな」と謝ってきました。山本さんは「落ちたー!!」と大笑いです。悪い大人だーっ!


4P

 会話は2人が互いに研鑽を誓って平和的に終わり、争いのない優しい世界が訪れました。なお、けいた君はその後、マナー違反がもとでBAN(ゲームから追放)されたそうです。イイハナシダナー。

 あまりにも衝撃的なオチに、漫画は大好評。「平和的で良い考え方」「恋愛シミュレーションのよう」「自分も丁重な返事をしたら二度と来なくなった」などと、さまざまな感想が寄せられました。そして、けいた君も「簡単に転がされててかわいいな」と一部で人気です。

 山本さんは雑誌「週刊ファミ通」で、ゲームを題材にした漫画『無慈悲な8bit』を連載中。3月に最新第4巻が発売されたばかりです。

作品提供:山本さほ(@sahoobb)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響