ニュース
» 2020年04月24日 07時30分 公開

女性オタク「いかゴリラ」の日常漫画2巻発売 青山でオシャレの概念に襲われ家ではズボンを脱ぐだけで骨にヒビが入る

オシャレは人を襲わな……襲ってきた!!

[コンタケ,ねとらぼ]

 生きているだけで笑いの神がカチコミしてくる漫画家のイカゴリラさん(@ika_redhot)の、日常を描いた漫画第2巻発売が決定しました。タイトルは『いかゴリラのもっと元気が出るマンガ』で、ナンバリングではなく“もっと”が追加されました。もっと元気になっちゃうかー。



いかゴリラ もっと元気が出るマンガ 表紙

 

 同人誌なども書いているいかゴリラさんですが、現在はそのカオスな日常を描いたマンガが人気に。いかの体にゴリラという、まさにいかゴリラな自画像が特徴的です。


いかゴリラ もっと元気が出るマンガ まさにイカでゴリラである

 第2巻は、友人と2人でおしゃれな街の定番である青山に出かけたときの話から。よりによって浜田雅功さんのような服装で来てしまったことが急に不安になってきたことを「浜ちゃんだってオシャレじゃん」と勇気付けてあげると、「いかちゃんも今日勝俣みたいな格好だしね」と気を持ち直してくれたようです。良かった良かった。……勝俣?


いかゴリラ もっと元気が出るマンガ ん……?

 せっかくなので不安ながらカフェに入ってみようかと提案すると、「どんなオシャレが襲ってくるか分からないよ……?」とこの世の終わりでも見ているかのような目で訴えてくる友人。「オシャレは人を襲わないよ!」と取りあえず店内に入りますが、「チッとした(ちょっとの衝撃で切れそうなほど細い)ネックレスをした女子大生」「ジョン・レノンとオノヨーコみたいなカップル客」「洋書」と本当にさまざまなオシャレに襲われるのでした。


いかゴリラ もっと元気が出るマンガ オシャレが人を襲う……?

いかゴリラ もっと元気が出るマンガ 襲ってきた

いかゴリラ もっと元気が出るマンガ 解散

いかゴリラ もっと元気が出るマンガ ここ好き

 なお、後日憧れの「チッとしたネックレス」を買ってみたそうですが、首が太く長さがギリギリすぎて呼吸のたびにペンダントトップがパタパタピルピル動くギミックようになってしまい友人の腹筋を崩壊させたそうです。ペンダントが意思を持っている!


いかゴリラ もっと元気が出るマンガ パタパタピルピル

 ある日、友人に自分が芸能人でいうと誰に似ているか聞いてみたいかゴリラさん。「ウゲェッ」とあからさまな難色を示されながらも帰ってきた答えは「YUKI……が、イルカと大木凡人の間から見え隠れしてる……」。ほぼイルカと大木凡人だった。


いかゴリラ もっと元気が出るマンガ サブリミナルYUKI

 また、実家での冬の日、風呂に入るためジーンズを脱ごうとするとなかなか脱げず脱衣所の寒さで焦るいかゴリラさん。とにかく早く風呂に入るため足をブンブン振り回して脱ごうとしたところ家の柱に全力キック! 後日、病院で足の中指にヒビが入っているとの診断を下されるのでした。おうふ……。


いかゴリラ もっと元気が出るマンガ いてえ

 『いかゴリラのもっと元気が出るマンガ』は、4月24日に発売。もっと元気がほしい人はどうぞ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」