元殺し屋の警察官と人を殺せない殺し屋 対照的な2人がつながる漫画が心に刺さる(1/2 ページ)

コインの裏と表のような2人のお話。

» 2020年04月24日 19時30分 公開
[たけしな竜美ねとらぼ]

 あなたが転職をするとしたら、どのような職種を選ぶでしょうか。ほとんどの方は今までの経験が生かせる職業を選ぶでしょうが、あえて「未経験の業界へ飛び込んでみたい」と考える方も少なくないはず。今回ご紹介する漫画「リバーシブル」はある目的から、前職と正反対がすぎる業界へと飛び込んだ男性のお話です。


元殺し屋の警察官と殺しのできない殺し屋の話 漫画



 主人公のエイジは、前代未聞の「元殺し屋の警察官」です。採用理由は「地元警察の極端な人手不足」とのことですが、犯罪者を逮捕せずその場で射殺してしまう問題児。さらには殺し屋時代の経験から「他人は簡単に裏切る、仲間など必要ない」という考えを持っており、同僚とは不仲で厄介者と疎まれています。このエイジが警察官に転職した理由というのは、彼が殺し屋をやめるきっかけとなった警官を探すためでした。

 ですがエイジの持つ手がかりは「動き回る対象の足首を的確に撃ち抜ける、正確無比な射撃能力を持つ人物」という情報のみ。それだけで探せるわけがないだろう、と揶揄(やゆ)されているところへ、エイジが所属していた殺し屋組織「ザクロ」の情報が入ってきます。それは「足首を確実に狙い撃ち足止めする、最強のヒットマンがザクロに加入した」というものでした。


元殺し屋の警察官と殺しのできない殺し屋の話 漫画

 そいつが尋ね人に違いない、と「最強のヒットマン」を探しに出たエイジは、ザクロの関係者がよく通る裏路地で張り込みを始めるのですが……そこへザクロの殺し屋が逃げ込んで来ます。マフィアに追われていた、人を殺せない殺し屋「バンビ」を助けたエイジは、バンビの語る情報から「尋ね人はバンビの師匠で間違いない」と確信しました。


元殺し屋の警察官と殺しのできない殺し屋の話 漫画

 そこへザクロの元締めでもある、エイジの父親がやってきます。目的は「裏切り者の始末」……息子エイジの殺害でした。父親のプレッシャーに圧倒され、絶体絶命の状況に追い込まれたエイジ。そしてバンビは銃を抜き、父親の足首を正確に撃ち抜きます。そう、実はバンビこそがエイジの尋ね人「最強のヒットマン」だったのです。


元殺し屋の警察官と殺しのできない殺し屋の話 漫画

 2人が迎えた結末、エイジが殺し屋をやめるきっかけとなった言葉、人を殺せないバンビが殺し屋になった理由、バンビの師匠の正体、などなど……それらに関しては漫画本編にてお楽しみ下さい。

 「自分以外は誰も信じない」というエイジをかばい、「僕はキミを裏切らない、信じている」と諭すバンビ。警官になった殺し屋と、殺し屋になった警官。まるでコインの裏表のような2人が信頼でつながる展開に、読者からは称賛の声が寄せられています。

 作者は漫画家の神春(@kamiharu312)さん。「第100回新人漫画賞」で特別奨励賞を受賞した作品「紙袋さんの恋愛事情」が、マンガアプリ「マガポケ」にて公開されています



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」