ニュース
» 2020年04月24日 15時00分 公開

日本赤十字社がウイルスの次にくる”恐ろしいもの”を描いた動画に共感の声

体だけでなく、ウイルスから心を守る方法を啓蒙しています。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の次にやってくる”恐ろしいもの”をテーマにした、日本赤十字社のアニメーション「ウイルスの次にやってくるもの」が公開されました。Twitterでは「一言一句、完全同意」「この映像、必見です」など共感する意見が相次いでいます。

【日本赤十字社】「ウイルスの次にやってくるもの」

 動画は男性が手を洗うシーンから始まります。「きちんと手を洗うだけで感染する確率はぐんと下がる」「でも心の中にひそんでいて、流れていかないものがある」。そんな言葉に合わせて、黒いモヤモヤが現れます。

photo このモヤモヤの正体とは?

 モヤモヤは暗いニュースや間違った情報を食べて育ち、今度は他の人を傷つけ始めます。「ウイルスが広まったのはあいつのせいだ!」「世界がこうなったのはあいつのせいだ!」。互いに言い争う内、具合が悪くても元気なふりをし始め、誰が感染してるかもわからなくなります。

 ふと家で鏡を見ると、いつの間にかあなたはモヤモヤに乗っ取られているかもしれない――モヤモヤの正体とは、“恐怖”なのでした。

photo もしかしたら”恐怖”はウイルスより恐ろしいかもしれません

 今回の動画では、絵本のようなタッチで感染症の拡大から生じる”恐怖”を「ウイルスよりも恐ろしいもの」として描き、体だけでなく心を守るように訴えかけています。

 さらに動画後半には、暗いニュースを見過ぎないよう勧めたり、家族や友人と電話したりなど、恐怖に立ち向かう方法を提案。最後は「恐怖は、誰の心の中にもいる」「だから励ましあおう」「人は団結すれば、恐怖よりも強く、賢い」といった力強いメッセージを投げかけています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響