ニュース
» 2020年04月24日 16時40分 公開

カプセルホテル「ファーストキャビン」が破産 宿泊需要が急減、再開めど立たず

高級感あるカプセルホテルでしたが……。

[ねとらぼ]

 カプセルホテルを展開していたファーストキャビン(東京都千代田区)が4月24日、東京地裁に破産手続きの開始を申し立てました。帝国データバンクによると、負債総額は関連する5社合計で約37億円。

フォト 主要都市などに展開していた「FIRST CABIN」(公式Webサイトより)

 2006年設立。高級感のあるカプセルホテル「FIRST CABIN」を東京都内や北海道、京都府、大阪府などに26店舗(19年末時点)展開し、日本人客に加えインバウンド需要も取り込み、17年3月期には年間売上高約15億7900万円を計上していました。

 ただ、民泊の普及などで競争が激化。施設数の急拡大に対し稼働率が想定を下回り、人件費も重荷になって営業赤字に転落。今年に入って新型コロナウイルス感染拡大の影響が響き、国内外の宿泊需要が急減。稼働率は前年の10%程度に落ち込んでいたとのことです。

フォト 高級感のあるカプセルホテルというコンセプトだった(公式Webサイトより)

 展開する宿泊施設は一部を除き軒並み休業を余儀なくされており、事業再開のめどが立たないことから資金繰りが悪化。自己破産に追い込まれました。

 帝国データバンクによると、フランチャイズ店は各社の判断でホテルの営業を再開する可能性があるとしています。

フォト 運営施設は軒並み休業していた(公式Webサイトより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.