ニュース
» 2020年04月25日 19時30分 公開

死んだ夫から手紙が…… 悲しくとも心に響く親子の短編漫画に感動が集まる

家族を思いやる気持ちであふれる漫画。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 夫と死別した妻の元に夫からの手紙が届く短編漫画が、家族の愛であふれて感動的です。

手紙 優しい世界 優しさと愛情溢れる家族のおはなし

 彼女は夫が病死したことを、ずっと受け入れられず、日々泣いていました。返事がこないと分かっていても、つい夫宛ての手紙を書いてはしまい込んでいましたが、ある日夫から返事が届きます。

手紙 優しい世界

 夫は天国で文字が下手になったようで、その字はとてもつたないものでした。明らかに幼い息子が書いたものです。「お父さんから返事きたの? よかったね〜」と息子が母親を慰めようと喜ぶ素振りを見せてくれたので、彼女は何も気がついていないフリをして「ありがとう!」と笑顔で答えて息子を抱きしめたのでした。

手紙 優しい世界
手紙 優しい世界

 数年経った今でも、落ち込んでいると“夫”から手紙が届きます。その文字は昔に比べたらとても上達し、文面も大人びたものになっています。彼女は心の中で天国にいる夫に、息子の優しさと成長を伝えるのでした。

手紙 優しい世界

 幼いながらも父親の名前を借りて母親の悲しみに寄り添う息子の優しさと、そんな気遣いに敢えて知らないフリを貫き通す母親の愛情。親子の優しさあふれる漫画に読者からは「子どもの優しさで涙腺こわれる」「何回読んでも泣いてしまう」「なんてあったかい家族!」など、感動した読者からのリプライが続いています。

 作者は漫画家の江戸川治(@edoosam)さん。現在eBigComic4で『江戸川治短編劇場』を連載中、短編集『マザー』が発売中です。いずれも心に染み入る作品ばかりです。

画像提供:江戸川治(@edoosam)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」