ニュース
» 2020年04月27日 19時00分 公開

廃車不可避のフェラーリ「812」が新車みたいにピッカピカ! 修復作業をまとめた映像を米YouTuberが公開

事故車両と思えないほどキレイに修理が行われています。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 交通事故で大破してしまった高級車「フェラーリ812」を、元の姿へ修復するようすをまとめた映像が海外で話題になっていました。

photo 事故で破損したフェラーリ812(画像はYouTubeから)
Ferrari 812 SuperFast From Wrecked to Fixed!!!

 フェラーリ812は、FRレイアウトのスポーツカーで、映像に登場する事故車両は、エンジンがむき出しになるほどフロント部分が大きく破損しています。車体から外れたパーツからもダメージの大きさが伝わってきます。

photo 車体から取れたパーツを見てもダメージの大きさがわかります(画像はYouTubeから)

 本来なら廃車になってもおかしくないフェラーリ812を修理したのは、米YouTubeチャンネル「Real Life Exotics」のメンバーたちです。破損したパーツを確認して、再利用できる物とできない物を分別して、必要なパーツを回収。事故車両の状態を確認して、本格的な作業が始まります。

photo まずはフロントフレームの修理から始めます(画像はYouTubeから)
photo 壊れた部分を溶接(画像はYouTubeから)

 事故の衝撃で折れ曲がったフロントフレームを修復して再調整を施し、調達した新しいフロントパネルを装着します。新調したパーツだけでなく、車体に残っていたボディーなどにも同じ色で新たに塗装を施して、全体の色味を揃えていきます。

photo フロントパーツを塗装(画像はYouTubeから)

 フロント部分の修復が一段落したら、ほかの破損部分にパーツを取り付けていきます。外装はもちろん、ドアの内側やリアのマフラーなども交換して、最後に塗装したフロントパネルとタイヤを取り付け、修理が完了しました。

 修理し終えたフェラーリ812は、元が事故車両だったとは思えないほどキレイに仕上げられています。ピッカピカ!

photo ドア部分を修理しているようす(画像はYouTubeから)
photo 事故車両と思えないほどキレイな状態に(画像はYouTubeから)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた