ニュース
» 2020年04月25日 18時30分 公開

“ありがとう”で回せる「自己肯定感ガチャ」を設置する会社が話題に 「これはおもしろい」「素晴らしい試み」

あたたかい職場……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 とある会社の「自己肯定感ガチャ」という社員思いな施策が注目を集めています。感謝の気持ちを見える化する楽しいアイデア!



 兵庫県のプラスチック加工などを手掛ける会社「匠工芸」に勤めるSuzu(@Suzu_momoi)さんが投稿。会社内にカプセルトイの機械が“自己肯定感ガチャ”として設置されており、「社内での『ありがとう!』『すごい!』やお客さんからの『ありがとう!』が発生すると、どこからともなく社長が専用メダルを1枚くれる」という面白いシステムのガチャを紹介しています。


匠工芸 自己肯定感ガチャ 社内 ありがとう 専用メダル 社長 会社内に設置された「自己肯定感ガチャ」!(画像提供:@Suzu_momoiさん)

 中身は「家のお手伝いして、お小遣いもらえたみたいで純粋にうれしいから」という理由で100円玉や500円玉が入っており、「工場長が500円玉引いた時は、事務所がお祭り騒ぎ」だったという、ほほ笑ましいエピソードも。なんて遊び心のある職場なんだ……! ちなみにガチャのレア度は、100円が85%、500円が10%、1000円が5%の確率で、現在までに出た最高は500円とのこと。設定も良心的。


匠工芸 自己肯定感ガチャ 社内 ありがとう 専用メダル 社長 これは単純に嬉しい(画像提供:@Suzu_momoiさん)

 Suzuさんにお話を伺うと、ガチャが始まったのは4月上旬から。気になる「ありがとう」の可視化の方法については、社内のグループLINEにて「ありがとう」や「すごい」と感じた社員が自己申告し、それを社長が「ガチャ案件」かどうかを判断。またお客さん側からの感謝の言葉は、営業担当者が現場で聞いてきたものを同グループLINEにて報告する形で申告しているそうです。なお、現時点ではその100%が“ガチャ案件”になっているとのことでした。

 上記の申告内容の例では、

  • 「○○さんが忙しいのに、社用車の駐車のときに後方の誘導をしてくれた!ありがとう!」
  • 「工場の製造係、急ぎの案件すぐに製作してくれてありがとう!」

 といった、個人から個人へ、個人から係(複数の人)へなど、さまざまな形で申告し合っているとのこと。

 働いている中での自分の行動が、他人にとってどれだけ助けになっているかをお互いに伝え、さらに形となって返ってくる「自己肯定感ガチャ」。それは「『ありがとう』をもっと盛大にお祝いしよう!」といった気持ちがないと働かないシステムでもあり、社長だけでなく会社全体の暖かさも感じてほっこりします。

 投稿されたTwitterでは「ガチャを回せるっていうのが子ども心溢れてていい」「これは良い試み」「素晴らしい社長」と称賛の声から、「真似したい」「アイディアお借りします」といった声も上がる反響を呼んでいます。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.