ニュース
» 2020年04月26日 10時00分 公開

「コショウとって」から始まる狂気 ピタゴラ風、ソーシャルディスタンスを保ったまま全自動でコショウ渡すマシン

安全にコショウを届けます。

[関口雄太,ねとらぼ]

 ソーシャルディスタンスを保ちながらコショウを渡す方法がYouTubeに公開されました。次第にヒートアップしていく仕掛けが狂気に満ちていて笑わされます。


コショウを渡すマシン

 動画を公開したのは海外YouTuberのジョゼフさん。この動画で紹介されたのは、人との距離を十分に置いてコショウを渡す、ソーシャルディスタンスを意識したマシンです。ジョゼフさんはこれまでにも「昼食を食べさせてくれるマシン」「ケーキを食べさせてくれるマシン」など、バカげて無意味でユニークなマシンを公開してきました。

 動画の冒頭でジョゼフさんが「コショウをとってくれないか」と呼びかけます。するとテーブルの反対側にいたもう1人の男性が、コショウを自分の食事にふりかけました。その動作がトリガーとなり、透明な筒にセットされた小さな鉄球が、コショウの容器を押して転がり始めます。

 筒から押し出されたコショウはまな板の上を転がり、プラスチックの小さなカゴにすっぽりとはまりました。そのカゴの下にはトングがセットされており、ゴムひもで固定されています。コショウがはまった衝撃でトングが開き、逆バンジーのようにコショウは遠くへ飛ばされて――。


「コショウとって」から始まる狂気 ソーシャルディスタンスを保ってコショウを渡すマシン 遠くへ飛ばされる直前のコショウ(画像はYouTubeより)

 その後は新たなボールが転がりだし、マシンは稼働を続けます。包丁がキュウリをたたき切ったり、ゆで上がったパスタがボールのレーンになったりしながら仕掛けは展開。

 一見すると完成度の高いドミノのようですが、次第に狂気を帯びていきます。3つのボールと3つの箱を用意した仕掛けでは、1つ目と2つ目のボールは順調に箱の中へ。しかし3つ目のボールが箱に入り損ねます。失敗かと思いきや、転がったボールが仕掛けを崩し、崩れた状態から新たなボールが出現。3つ目の箱はボールが入らないように設計されたフェイクだったのです。


「コショウとって」から始まる狂気 ソーシャルディスタンスを保ってコショウを渡すマシン 3つ目の箱はフェイク(画像はYouTubeより)

 マシンの狂気は増していきます。コーヒーを入れたコップが傾き、MacBook Proを水浸しにするのではないかと視聴者をヒヤヒヤさせます。コップの傾きは絶妙なところで止まり、コーヒーは受け皿に流れ落ちました。無事に水没を免れたMac。ですが、仕掛けが進むとコップはひっくり返り、残りのコーヒーをMacにぶちまけるのでした。


「コショウとって」から始まる狂気 ソーシャルディスタンスを保ってコショウを渡すマシン Macにコーヒーをぶちまける(画像はYouTubeより)

 マシンの動作音だけが響く静かな動画に、BGMが流れ、音楽に後押しされるように激しさを増していきます。クライマックスの仕掛けには、ダンベルを2つ設置。ダンベルの重さを利用したテーブルクロス引きが行われます。1つ目は無事に成功しますが、ダンベルが床に落ちた勢いでカメラが大きく振動。2つ目の大きなダンベルが落ちると、テーブルクロス引きが成功するどころか、テーブルを盛大にひっくり返してしまいます。

 食器やテーブルが壊れそうな激しい音とともに、テーブルの脚に設置された新たな仕掛けが姿を見せ、仕掛けはラストスパートへ。


「コショウとって」から始まる狂気 ソーシャルディスタンスを保ってコショウを渡すマシン ひっくり返るテーブル(画像はYouTubeより)

 終着地点には、冒頭で姿を消したコショウの姿が。網で無事にキャッチされていたようです。仕掛けが進むと、花のように植木鉢にコショウがセットされ、ゆらゆらと揺れながらお皿にこしょうをふりかけました。

 動画の終盤では、満足げに食事を堪能したジョゼフさんが「ワインも取ってくれないか」と声をかけます。ワインも同じような仕掛けて渡されるのかと思うと、どんな狂気の仕掛けになるのだろうと期待と不安がよぎります。


「コショウとって」から始まる狂気 ソーシャルディスタンスを保ってコショウを渡すマシン 無事に到着したコショウ(画像はYouTubeより)

 動画のラストでは、仕掛けの片付けをしながら集まったスポンサーを紹介。撮影の裏側も一部、公開しています。どうやらMacBook Proにコーヒーをかけたのが最も大変だったようで、撮影を終えた瞬間に2人がかりで慌ててコーヒーを拭き取る様子が収録されています。

 ソーシャルディスタンスを保ちながら、コショウを渡すバカげて笑わせてくれる仕掛けでした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響