ニュース
» 2020年04月26日 20時00分 公開

全国の酒蔵が集う「オンライン日本酒市」がMakuake上で開催へ 製品の購入で酒蔵・酒販店を支援

売上減少に悩む酒蔵・酒販店を支援するためのオンラインイベントです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 全国各地の日本酒をオンライン上で購入することで酒蔵・酒販店を支援できる「オンライン日本酒市」が、クラウドファンディングサイト「Makuake」上にて5月12日から開催されます。


オンライン日本酒市 Makuake SAKETIMES 酒蔵 応援

 花見・宴会の自粛や、飲食店の休業、イベントの中止などにより、売上の大幅な減少に悩む酒蔵・酒販店を支援するために開催。これまで150以上の酒蔵による新しい日本酒造りへの挑戦をサポートしてきたMakuakeが、日本酒専門Webメディア「SAKETIMES」と共同で実施します。

 5月12日11時から公開予定の特設ページにて、各酒蔵・酒販店が実施する日本酒のMakuakeでのプロジェクトをまとめて掲載。各ページでは、酒造りへのこだわりから製品の特徴、おすすめの飲み方などが紹介され、それらの背景を知った上で欲しい製品を購入・支援できます。ちなみに「SAKETIMES」による酒蔵や製品の紹介記事といったPRサポートも行われる予定です。

 プロジェクトは開催日当時より、「楯の川酒造(山形県)」「奥羽自慢(山形県)」「武蔵野酒造(新潟県)」「滝澤酒造(埼玉県)」をはじめとする、全国各地の十数以上の酒蔵が掲載を予定。さらに現在も5月29日まで、新たに参加を希望する酒蔵・酒販店を募集しており、それらのプロジェクトも随時掲載される予定です。申込みの詳細は公式サイトにて確認できます。

 また5月11日19時30分からは「日本酒業界の現状について酒蔵の方々とお話しするオンラインイベント」も開催予定。こちらの詳細はMakuakeのPeatixページにて後日発表されます。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.