ニュース
» 2020年04月27日 07時30分 公開

帰省時に実家でインフルエンザをうつしてしまった…… 体験談を描いた漫画が考えさせられる

今年はやっぱりステイホーム。

[林美由紀,ねとらぼ]

 帰省時に実家でインフルエンザをうつしてしまった体験を描いた漫画が、今年のゴールデンウィークの帰省について考えさせる内容で反響を呼んでいます。作者は子育てやワーママのエッセイ漫画をブログで公開しているみみたぶタレ代(@MimitabuTareyo)さん。


大型連休に帰省先の実家で家族間感染が起きてしまった話05 実家でインフルエンザをうつしてしまったときのこと

 今年のゴールデンウィークについて会社で話していると、実家に帰省しようか迷っていると同僚が話します。みみたぶタレ代さんはそんな同僚に、他人に考えを強制はできないけど、と思いつつ、自身が実家に帰ったときにインフルエンザをうつしてしまった経験を話します。みみたぶタレ代さんはこの出来事がきっかけで、病気が流行る時期の家族での帰省について考え直すことになったのだそうです。

 正月休みに家族で帰省したときのこと。実家についた翌日夜に、みみたぶタレ代さんは悪寒と鼻水に見舞われます。子どもたちを夫に託し、自分を隔離したものの、2人の子ども、弟、母親が次々にインフルエンザを発症。最終的に家族7人中5人が罹患(りかん)してしまったのです。


大型連休に帰省先の実家で家族間感染が起きてしまった話01


大型連休に帰省先の実家で家族間感染が起きてしまった話02

 しかも発症前には、介護施設から一時帰宅した90代の祖母が家族と一緒に食事していました。結果的には感染しませんでしたが、もし自分の帰省がきっかけで祖母が感染し、介護施設に広がってしまっていたら、あるいは家族の誰かが重症化していたら……と思うと怖かったと話すみみたぶタレ代さん。帰省を迷っていた同僚はこの体験談を聞き、やっぱり今回は帰省するのは厳しいと感じたようです。


大型連休に帰省先の実家で家族間感染が起きてしまった話03


大型連休に帰省先の実家で家族間感染が起きてしまった話04

 外出自粛が続いたあとでの大型連休となれば、実家に帰りたいという気持ちになるのは仕方ないことかもしれません。でも、実家には高齢の両親や祖父母に親戚などもいるでしょうし、医療供給体制が十分でない地域もあるかもしれません。政府や自治体が「ステイホーム」を呼びかけているように、帰省は控えるのがいいでしょう。

 読者からは「怖いけど本当誰にでも起こりうることですよね…!」「過去同じ経験(インフルエンザ)してる」などのコメントが届いています。

画像提供:みみたぶタレ代(@MimitabuTareyo)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」