ニュース
» 2020年04月27日 07時30分 公開

帰省時に実家でインフルエンザをうつしてしまった…… 体験談を描いた漫画が考えさせられる

今年はやっぱりステイホーム。

[林美由紀,ねとらぼ]

 帰省時に実家でインフルエンザをうつしてしまった体験を描いた漫画が、今年のゴールデンウィークの帰省について考えさせる内容で反響を呼んでいます。作者は子育てやワーママのエッセイ漫画をブログで公開しているみみたぶタレ代(@MimitabuTareyo)さん。


大型連休に帰省先の実家で家族間感染が起きてしまった話05 実家でインフルエンザをうつしてしまったときのこと

 今年のゴールデンウィークについて会社で話していると、実家に帰省しようか迷っていると同僚が話します。みみたぶタレ代さんはそんな同僚に、他人に考えを強制はできないけど、と思いつつ、自身が実家に帰ったときにインフルエンザをうつしてしまった経験を話します。みみたぶタレ代さんはこの出来事がきっかけで、病気が流行る時期の家族での帰省について考え直すことになったのだそうです。

 正月休みに家族で帰省したときのこと。実家についた翌日夜に、みみたぶタレ代さんは悪寒と鼻水に見舞われます。子どもたちを夫に託し、自分を隔離したものの、2人の子ども、弟、母親が次々にインフルエンザを発症。最終的に家族7人中5人が罹患(りかん)してしまったのです。


大型連休に帰省先の実家で家族間感染が起きてしまった話01


大型連休に帰省先の実家で家族間感染が起きてしまった話02

 しかも発症前には、介護施設から一時帰宅した90代の祖母が家族と一緒に食事していました。結果的には感染しませんでしたが、もし自分の帰省がきっかけで祖母が感染し、介護施設に広がってしまっていたら、あるいは家族の誰かが重症化していたら……と思うと怖かったと話すみみたぶタレ代さん。帰省を迷っていた同僚はこの体験談を聞き、やっぱり今回は帰省するのは厳しいと感じたようです。


大型連休に帰省先の実家で家族間感染が起きてしまった話03


大型連休に帰省先の実家で家族間感染が起きてしまった話04

 外出自粛が続いたあとでの大型連休となれば、実家に帰りたいという気持ちになるのは仕方ないことかもしれません。でも、実家には高齢の両親や祖父母に親戚などもいるでしょうし、医療供給体制が十分でない地域もあるかもしれません。政府や自治体が「ステイホーム」を呼びかけているように、帰省は控えるのがいいでしょう。

 読者からは「怖いけど本当誰にでも起こりうることですよね…!」「過去同じ経験(インフルエンザ)してる」などのコメントが届いています。

画像提供:みみたぶタレ代(@MimitabuTareyo)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む