連載
» 2020年04月27日 18時00分 公開

妻の入院中にマッチングアプリ、会いに行ったら14万円ぼったくられた相談者の望みは…… 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

「せめて7万円は返してほしい」う〜ん。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「私、騙されちゃったんでしょうか?」特集ということで、不倫相手や振られた相手、元妻などに騙された悲痛な相談が連発した「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは4月24日(金)放送の加藤諦三パーソナリティー回。

 ド直球に、美人局(つつもたせ)に騙されてしまった男性からの「金を取り戻したい」という相談。

テレフォン人生相談

14万円のうち、せめて7万円は返して欲しい

 相談者は57歳男性。妻51歳。28歳、27歳、25歳、16歳と4人の子どもがいる。

 スマホのマッチングアプリで出会った女性と食事に行くことになった相談者だったが、当日になって女性から突然、相談者が予約していた店ではない、他の店に行きたいと言われたという。

 「そしたらまあ、結構、高級な店だったんですけど……」

 いきなりイヤな予感しかしない展開。案の定、その女性は相談者にメニューも見せずにドンドン注文をし、トリュフやフォアグラといった高級な料理が次々に出てきて、お会計はなんと14万円!

 「勝手に一番高いコースと高いワインをボトルで2本も頼んでガンガン飲んで、最後の請求もすごい金額で……。こういうマッチングアプリで引っかかった男性をこのパターンで呼び込んで、店とグルでもうけてるのかなという風にも思えるんですね」

 うん、どう考えても美人局だよね。

 「お金を……私が食べた分はしょうがないとして、まあ割り勘でね、7万円は返して欲しいんです。その場合、どういう手があるのかなという質問なんです」

 その場では酔っぱらった勢いもあり、カードで14万円払ってしまったようだが、冷静になってみたらどうしてもその金額が納得できないという。……まあ気持ちは分かるけど、「そんな金、返ってくるかよ!」と放り出したくなる相談だ。

テレフォン人生相談

 その上、女性は「次も会いたい」とLINEを送ってきているという。

 「次回もですね、『昔は有名だった芸能人の人と一緒に商売やってるから、あなたもぜひ、もうかる仕事だから投資してみませんか』っていう話で」

 「カモのおじさんだと思って、ニセの投資の話を持ってきたね」

 「私もそう思うんですけど……」

そういうセコイこと言うの、やめよ

 この日の回答者は弁護士の中川潤。

 「結構かわいい子だったの?」

 「なんて言いますか、こう、きらびやかな服を着て、派手めな方でしたね」

 「その語らいの時間っていうのは、それなりに楽しかった?」

 「ああ、そうですね」

 あまりにマヌケな今回の相談に、中川も弁護士としての法律的なアドバイスをする気はなさそうだ。

 「うーん、でもねえアナタね、140万じゃないんだよ。ねえ、2時間くらいさあ、結構楽しい思いしたんじゃん。もうちょっといいことをやらせてもらったりしたらさあ、アナタ次も行ってるよ」

 確かに「瓶ビール1本でウン万円」みたいな話と比べたら、本物かどうかはともかくトリュフやフォアグラを出され、高級ワインをボトル2本も飲んで14万というのは、美人局にしては良心的とも言える……のか?

 おそらくこの14万円というのは、「騙しやすい相手なのか?」「金は持っているのか?」というのを判断するための前振りで、本命の投資話でガッツリ金を吸い取る作戦なのだろう。その前に気付けたんだからよかったじゃないか。

 「ホントはもうちょっとやりたかったけどね、14万も出すんだったらね。その先に進めなかったのは残念だと。そういう思いをお持ちになるんであれば私も男としてよく分かるんだけども。そうじゃなくて『7万は割り勘で返してもらいたい』なんて、そういうセコイこと言うの、やめよ」「出会い系アプリとかそういうの。奥さんにこんなことバレたらエライことになんだから」

 「ええ、それは大丈夫です。はい」

 「大丈夫なんだ(笑)。大丈夫か分からないよ、LINEだってアナタ、見られてっかもしれないよ?」

 14万円取られたことよりも、マッチングアプリで騙されたと大騒ぎして妻バレする方が問題だろうに……。「大丈夫です」と言い切る相談者の余裕が不思議だったが、その理由は後で明らかになる。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声