ニュース
» 2020年04月28日 20時00分 公開

セザンヌの新作眉コスメはとにかく落ちにくい! どんな汗や皮脂でも、眉だけは絶対に残したいあなたにオススメです

セザンヌの眉への本気を見た……!

[かいじんちゃん,ねとらぼ]

 トレンドを取り入れた商品が低価格で手に入ることで人気のコスメブランド・セザンヌは、眉メイクアイテムの新製品「マルチプルーフアイブロウ」「アイブロウコートEX」を4月30日から全国発売します。

セザンヌ マルチプルーフアイブロウ アイブロウコートEX 左から、マルチプルーフアイブロウ、アイブロウコートEX

 既存の眉メイクアイテムだけでも8種類をラインアップし、プチプラブランドの中でも群を抜いて眉メイクに力を入れているセザンヌ。新商品も、ブランドの「眉へのこだわり」を強く感じるアイテムです。

マルチプルーフアイブロウ

マルチプルーフアイブロウは、ふんわりした素材のチップにリキッドをつけて使う、付けペンのような珍しいタイプのアイテム。ペンシルの描きやすさ、リキッドの耐久性、パウダーのふんわり感の全てをいいとこ取りした、新感覚の眉コスメです。

セザンヌ マルチプルーフアイブロウ アイブロウコートEX マルチプルーフアイブロウ 03 ナチュラルブラウン 580円(税別、以下同)
セザンヌ マルチプルーフアイブロウ アイブロウコートEX ふんわり描けます

 適度な細さのチップで、眉尻も自然に仕上られるのがマルチプルーフアイブロウの特徴。柔らかで顔のカーブにもフィットするチップを、やや軽いタッチで使うことで眉頭も自然に描けます。

 筆者は「リキッドタイプだから、のっぺりとした眉になってしまうのでは?」とやや半信半疑で試したのですが、適度なパウダリー感があるためかわざとらしい仕上がりにはならず、自眉のようなふんわり感が出せました。

 特筆すべきは描き心地の良さ! チップの持ち手が長く作られているため、しっかり握れて線がブレにくいのです。

 また、チップへの液の含みも計算されていて、付けすぎを防げます。使い慣れないうちは液の調整がやや難しいので、一度手の甲で付き具合を調整してから描くのがおすすめです。

 使う時は、眉の真ん中からやや軽い力で描いていき、眉尻はスッと力を抜いてチップの先端で描くことで、シャープな印象の眉に。眉頭は液を付け足さず、チップに残った液で毛流れを意識して、チップを寝かせて優しくぼかすと、ナチュラルな眉を1本で完成できますよ。乾きも早いので、時短メイクにもおすすめです!

 これ1本でうまく仕上がるか心配……と不安な薄眉・眉なしさんは、同じくセザンヌの0.9ミリという細さのアイブロウペンシル「超細芯アイブロウ」で、足りない部分を描き足しましょう。その後、マルチプルーフアイブロウでふんわり仕上げるのがおすすめです。マルチプルーフアイブロウだけよりもシャープに、しっかりと眉メイクを仕上げられます。

 マルチプルーフアイブロウは、ナチュラルブラウンの1色展開ではありますが、明るすぎず暗すぎない絶妙なカラーなので、様々な髪色やメイクに合わせやすいのもポイントです。

 さらに、商品名の示すとおり、眉メイクの大敵である汗や皮脂、こすれに負けないマルチプルーフ処方なのも特長。乾くとしっかり密着してくれるので、夏の暑い季節や野外で過ごすときにも「麻呂化」を気にせず過ごせます。

セザンヌ マルチプルーフアイブロウ アイブロウコートEX 流水を浴びせてみました

セザンヌ マルチプルーフアイブロウ アイブロウコートEX ティッシュで水分を拭うと……まったく消えてない!

アイブロウコートEX

 描いた眉の上にサッとひとはけするだけで眉をキープできる人気アイテム、アイブロウコートが進化してリニューアル発売されます。眉メイクを絶対に崩したくない日の強い味方のアイテムです!

セザンヌ マルチプルーフアイブロウ アイブロウコートEX アイブロウコートEX 460円

 汗が気になるこれからの季節はもちろん、マスクからの蒸気で眉が消えやすい方にもおすすめのアイテムです。マルチプルーフアイブロウに重ねて使うと、より強力に眉をキープできますよ。

 従来品から進化したところは大きく2つ。筆がひとまわり細くなり、平筆の使いやすさは残しながらも地肌まで液が届きやすくなりました。せっかく描いた眉毛をブラシで擦り取ってしまうこともない絶妙な細さです。また、従来品はガラスボトルでしたが、リニューアルに伴い樹脂ボトルになり、持ち運びにも便利になっています。

 性能面では、眉キープ力がアップ。もちろん、「水・汗・皮脂・摩擦」に強いマルチプルーフです。クレンジングで落としやすいのもうれしいポイント。 乾いてからもパリパリに固まったり、妙にテカったりせず、ナチュラル眉を描きたてのままキープできる、縁の下の力持ち的存在です。

セザンヌ マルチプルーフアイブロウ アイブロウコートEX 柔らかく、塗りやすい平筆で、パウダーで繊細に仕上げた眉に重ねてもにじみにくく、しっかりカバーできます

 アイブロウコートをうまく塗るコツは、マニキュアのように容器のフチで筆をしごいて、液の量を調節することと、薄く均一に塗ること。液が乾くまで、眉に触らないように注意が必要です。


 在宅でのオンライン会議や、リモート飲み会など、画面を通してのコミュニケーションが多い今、「フルメイクは面倒だけど、せめて眉は描きたい……」という日も増えていると思います。

 メイクをすることで気分転換にもなりますし、時短できるアイテムをうまく使って、在宅時間も気分を上げて過ごしたいですね。

かいじんちゃん:CSCA認定16タイプ・パーソナルカラーアナリスト、コスメコンシェルジュ、顔分析鎌田塾メイクアップアーティストコース卒業の化粧オタク兼地下アイドルオタク。会社員をやりながら、日々好きなアイドルに似合うメイクと色を勝手に研究している。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/19/news020.jpg 保護された野良の老犬、最初は怯えていたが…… 飼い主に子犬のように甘える姿に涙があふれる
  2. /nl/articles/2109/19/news008.jpg 猫「絶対許さニャい……(怒)」 お尻を洗われたことを根に持つ猫の表情に「めっちゃ怒ってる」「猫の執念ですね…」の声
  3. /nl/articles/2109/19/news033.jpg DAIGOと姉の影木栄貴、大おじ・竹下亘衆院議員の死を悼む 「たくさん遊んでくれる大好きなおじちゃんでした」
  4. /nl/articles/2109/19/news041.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「一連の流れで爆笑した」「エンターテイナー」
  5. /nl/articles/2109/19/news042.jpg 「大変なことになってる」「何があったの」 アレクサンダー、身動き取れない“痛々しい姿”に心配の声
  6. /nl/articles/2109/18/news007.jpg 「1カ月だけ死ぬのを延ばしてくれねーか?」 首吊り少女の前に現れた“自殺を止める死神”の漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2107/07/news017.jpg 近所をさまよっていた犬を一時保護→3日後…… 先住犬が困惑するほどの大胆な姿に「安心したんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  9. /nl/articles/2109/18/news052.jpg 「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
  10. /nl/articles/2109/18/news004.jpg ぬいぐるみを抱きしめて眠る子猫 “ぎゅっ”とする姿がたまらなくかわいい

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」