ニュース
» 2020年04月27日 21時49分 公開

「魚見たかったから」 思いつきで水中スコープを作ってしまった人がガチすぎて笑う

潜水艇にそのまま転用できそう。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「魚見たかったから」――そんな思いだけで、水中スコープを自作してしまった猛者が注目を集めています。漁に使えそうなガチのやつ。


スコープスコープ 潜水艦の潜望鏡を、逆に水上からのぞき込むようなスタイル

 Twitterユーザー半澤聖也(@SeiyaHanzawa)さんの、友人が作った装置。その仕組みは、内蔵された2枚の鏡で光を反射させて像をのぞき穴へ導く、潜望鏡の原理そのものです。筐体がガッシリしているうえに手すりまで付いていて、定番の科学工作を大人が本気で作ると、こうも本格的になるものかと感心させられますね。


スコープ 工作の題材としてポピュラーな装置を、大仕掛けで製作(画像は編集部が加工しています)

スコープ のぞき穴のアップ。鏡が斜めに据え付けられている

 「全力すぎて笑う」「科学館に置かれていても違和感のないレベル」など、スコープは好評。思い付きをすぐ実行に移す行動力もにも賛辞が寄せられました。

 半澤さんを通して作者に話を聞いたところ、製作のきっかけは本当に「魚が見たい」思いだけで、仕事で出る廃材を利用して組み上げたとのこと。実際に使ってみたところ、透明度の高い水辺では、魚がよく見えたそうです。


スコープ のぞき穴から見た景色。見え方は水質等にかなり左右されそうです

 なお、半澤さんは、作者と10年来の釣り仲間。今は外出自粛で会えていませんが、いつかスコープを貸してもらう日を楽しみにしているとのことです。

画像提供:半澤聖也(@SeiyaHanzawa)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.