ニュース
» 2020年04月28日 11時00分 公開

【無料配信記念】ミュージカル『刀剣乱舞』ファンが各作品の見どころを紹介! 「つはものどもがゆめのあと」「結びの響、始まりの音」編(1/2 ページ)

4月24日から5月3日まで、毎日1作品ずつライブ配信中。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 4月24日から5月3日まで、動画配信サイト「DMM動画」は「ミュージカル『刀剣乱舞』」シリーズ(以下:刀ミュ)の無料配信を実施中。期間中は、毎日20時から1作品がライブ形式で配信されています。

2.5次元 刀剣乱舞 ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズから全10作品が無料配信されます

 今回は、4月28日配信の「つはものどもがゆめのあと」と、4月30日配信の「結びの響、始まりの音」の2作品の簡単なあらすじに加えて、個人的「胸アツポイント」を紹介します。胸アツポイントには、軽いネタバレにつながる内容も含まれているので、気になる方は回避してくださいね。

前回の記事:

4月28日 ミュージカル『刀剣乱舞』 〜つはものどもがゆめのあと〜

2.5次元 刀剣乱舞 ミュージカル『刀剣乱舞』 〜つはものどもがゆめのあと〜(画像出典:DMM.com内ミュージカル『刀剣乱舞』特設ページ

「つはものどもがゆめのあと」1部 あらすじ

 今作では「阿津賀志山異聞」に出陣した平安時代からの刀剣男士に加えて、新たに源頼朝が持っていたとされる髭切(ひげきり)、源義経が持っていたとされる膝丸(ひざまる)が加わります。出陣先は「阿津賀志山異聞」よりも更に前、源頼朝が平家打倒を決意した時代です。義経の〈物語〉を軸に、時間遡行軍と戦います。

 中でも圧巻なのは、平家と源氏の歴戦を歌う場面。琵琶法師が語る平家物語や絵巻物をミュージカルに仕立てたような演出で、一ノ谷の戦いから壇ノ浦の戦いまでを描きます。

 「阿津賀志山異聞」の続編ともいえる作品ながら、そのテーマは変わっています。大いなるネタバレになるのでここでは控えますが、1000年前からある刀剣の彼らだからこそ成立する物語かと思います。

 また、これまでとは違ってとてもミステリアスな作品なのも特徴です。髭切と三日月宗近のせりふの裏には、いくつもの意味が隠されているなど、一度だけではかみ砕けないような言葉がちりばめられています。「泰然自若(たいぜんじじゃく)」という言葉がぴったりくるような2振の動きとせりふに注目して見ていただきたいです。

「つはものどもがゆめのあと」独断と偏見による胸アツポイント

 源義経の一生を描いてきた作品はこれまでにも多くありますが、「つはものどもがゆめのあと」では『勧進帳』や『平家物語』で描かれてきた有名なエピソードをふんだんに取り入れています。一ノ谷の戦いから壇ノ浦の戦いまでを刀ミュらしくアレンジしたシーンも感動的ですが、『勧進帳』の名シーンを演じる場面は何度見ても涙してしまいます。

 『勧進帳』は歌舞伎の演目としても知られているで、どんなことが行われるか知っている人も多いかと思います。中でも有名なのは、安宅の関で山伏の変装を見破られそうになったときに、弁慶が義経をつえで打つシーンです。主君である義経を助けるために心を鬼にして義経を打ち、弁慶を信頼して黙って打ち据えられる義経。俳優さんたちの熱のこもった演技が、いっそう涙を誘います。

 そして、そんな彼らの行動を見た岩融が、優しさとは何かを知ることとなります。義経の守り刀として知られる今剣と、弁慶の薙刀として知られる岩融。主従関係にあるこの2振の、お互いを思いやる気持ちに触れるだけでこみ上げてくるものがあります。さらに、今剣が義経に、岩融が弁慶に親しみを込めて笑顔で言葉を交わすシーンは、彼らの存在する意味を考えるとどうしても涙があふれてきてしまいます。

 「つはものどもがゆめのあと」では、今剣と岩融と同じく、この時代に関わってきた髭切と膝丸が加わりました。髭切は弟の名前をど忘れしがちで弟の膝丸はそれを嘆く、という掛け合いはもはや様式美です。

 こちらの2振はとにかく良く動きます。彼らの身体能力がいかんなく発揮されるのが2部のライブパート。髭切のダイナミックなバレエのジャンプやスピン、膝丸のバック転やストリートダンス仕込みの安定した身体の使い方など、いずれも目が離せません。バレエとモダンダンス、そのちぐはぐさが生むコンビネーションは必見です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10