ニュース
» 2020年04月30日 19時30分 公開

告白をやり直したくてタイムスリップ! →斜め上すぎる展開になる漫画の勢いに圧倒される(1/2 ページ)

怒とうの勢いからのしみるラストがまたよい。

[Tomo,ねとらぼ]

 好きな相手への告白をやり直すため、タイムマシンで過去に戻る漫画「犬+(T×99)2+1=?」がカオスだけどじんわりします。作者は漫画家の三上裕(@nezimakiatama)さん。

 中学生のころ、クラスメイトの女子を好きになった主人公。彼女を呼び出して告白しますが、返事を聞くのが怖くて逃げ出し、トラックにひかれて4年間昏睡状態に。目覚めてから6年、逃げ出したことを悔やんでいた彼は、なんとタイムマシンを作り上げてしまいました。

告白の返事を聞かずに逃げて事故に……

 告白の日に無事に戻れた主人公。逃げ出した自分に足をひっかけて転ばせて事故を回避する作戦を考えますが、「まだ足りない」と彼がもう1人現れます。“2周目のタイムスリッパー”という彼によると、過去の自分を転ばせて事故を回避できても、上から落ちてきた花瓶が頭に当たるというのです。

 ならば2周目の自分が花瓶をキャッチすればいいかというと、そこで3周目の自分が出てきて、花瓶を避けても「倒れた木の下敷きになってしまう」と告げます。それでも足りない、とわらわら出るわ出るわ……タイムスリップしてきた自分が99人!

未来から来た99人の“自分”は過去の自分を救えるか!?

 告白して逃げ出した自分を助けるために動き出す99人。そして告白された女の子のほうもまた、タイムマシンで未来から99人やってきていたのです。落ちてくる花瓶、倒れる木、地割れに竜巻にアブダクションするUFO……告白しただけなのになぜかハチャメチャな事態に。果たして告白の返事は聞けるのか!?

 まさかの“99人の自分”が一堂に会してしまう展開と、99人が過去の自分を助けようと駆け回る場面の勢いとインパクトは抜群。告白しただけなのにUFOまでやってきてしまうカオスな展開に爆笑しつつも、ラストは「よかったなあ」とじんわりさせるバランスが見事です。

 読者からは「勢いあってめっちゃ面白かったです」「好き。勢いがもう最高です」と勢いのある展開を称賛する声や、「面白いし、かっこいいし、感動したし、何なんですかこれ、最高です」「笑いとグッとくるポイントのタイミングが最高です!!」といったコメントが寄せられています。

 三上さんは週刊少年マガジンの第100回新人漫画賞において「クソみてぇな人生」で特別奨励賞を受賞。マガポケではショート読み切り「告白告白告白!」を読むこともできます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響