ニュース
» 2020年04月30日 07時30分 公開

「PCR検査を受けて陰性だった」体験描く漫画がためになる 意外な教訓「トイレはあらかじめ自宅で済ます」

感染の可能性がある場合、よそのトイレはおいそれと使えないわけで……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 新型コロナウイルス感染の可能性からPCR検査を受け、陰性と出た人の体験記が、参考になると話題です。作者はTwitterユーザーの鎧田(@0Fami)さん。結果が出るまでのさまざまな苦しい出来事を漫画につづっています。


アイキャッチ 数日間、発熱と倦怠感が治まらず、コロナかと恐れる作者。しかし症状以外にも大変な苦難が……

 レジの仕事以外は、引きこもりがちな生活をしているという鎧田さん。ある日自宅で倦怠感を覚えて検温したところ、37.8度の高熱が出ていました。


1P

 その日は寝れば治るだろうと楽観していましたが、翌朝も熱は下がらず、仕事を休んで寝込むことに。このときコロナに感染した可能性を考え始め、熱もあってよく眠れなかったといいます。


2P

 そして3日目も4日目も熱は下がらず、仕事はしばらく休業。鎧田さんは「4日以上37.5度以上の熱が続き、濃厚接触者でなく海外渡航歴がなければコロナ相談センターに相談」という、自治体の指導に従って動くことにしました。


3P

 その結果、相談センターの勧めで、鎧田さんはかかりつけの内科で受診することに。公共交通機関が使えないので、家族の車で移動します。病院では医師が防護服で対応し、別室に隔離して診察。そうして出た診断結果は、「レントゲンに軽い肺炎が写っているかもしれない」と、さらに不安を誘うものでした。


4P

 かくして、鎧田さんはコロナの対応ができる大きな病院へ、すぐ移動することに。到着後、専用の場所に駐車して待機していると、防護服姿の看護師に迎えられます。

 ところがここで大きな誤算が。自宅から最初の病院を経てこの大病院に至るまで、全くトイレに行っておらず、この緊急時に膀胱が限界寸前となっていたのです。感染症の可能性がある以上、途中で公共のトイレを使うわけにもいきませんでしたからね……。


5P

6P

 結局、トイレはガマンするようお願いされ、鎧田さんは「防護服の医者の前で漏らすのは俺が初めてだろうなぁ」と、病気とは別種の絶望感を背負うことに。ただ、再検査で肺炎と明確に出なかったのは幸いでした。当面の解熱剤と咳止めを処方されて、この日の診察は終了。ガマンを重ねて帰宅し、トイレも無事に済ませられました。


7P

 しかし5日目になっても熱は下がらず、鎧田さんは再び大病院へ。前日の失敗を踏まえてトイレを自宅で済ませ、万全の状態で診察に臨みます。すると、医師は入室するなり「じゃやるね!」と言って、鎧田さんの鼻に綿棒を挿入。漫画にはチクワにキュウリを入れる絵が添えられていますが、そのイメージほどには痛くなかったそうです。


8P

 急な綿棒の衝撃に、鎧田さんは思わずインフルエンザの検査ですか? と質問。しかし、この医師の行為こそがPCR検査で、「コロナ(の検査)だよ!」とツッコまれてしまいました。事前に説明がなかったことと、「PCR検査は簡単に受けられない」といった報道による先入観がもたらした勘違い。病院や症状によって対応は変わってくるのでしょうが、自然に検査が進むケースもあるんですね。


9P

 こうしたドタバタはありましたが、2日ほど経って検査結果は無事「陰性」と出ました。とはいえこれで安心とはならず、鎧田さんは自宅隔離を継続中。そんななかでも、漫画は「コロナ疑いで病院に行くときは自宅でトイレを済ませてから受診を!」と締めくくり、トイレの件を強調しています。ギャグのオチっぽく聞こえるかもしれませんが、医療現場の負担を軽減するうえでも大事。


10P

作品提供:鎧田(@0Fami)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.