ニュース
» 2020年04月30日 17時19分 公開

「逆ギレ弁当」「タンクトップで皆勤賞カレー」とあるスーパーの弁当がフリーダム 「全て社長の思い付きです」

自由すぎるぜ!

[ねとらぼ]

 宮崎県のスーパー「ナガノヤ」「ウメコウジ」で販売されているお弁当が、あまりに自由なネーミングで注目を集めています。「逆ギレ弁当」に「タンクトップで皆勤賞カレー」……名前から中身が全く想像できない!





 Twitterで話題を呼んでいるのは、永野社が運営する宮崎県のスーパー・ナガノヤとウメコウジ。2019年に販売された「食べづらいサンドイッチ」「逆ギレ弁当」が人気を博し、以来ユニークな名前の弁当や総菜を作り続けています。

 「マジ卍弁当」「ムーンウォーク弁当」「反復横跳びメンチカツ」などなど、常人には理解しがたい味の表現が特徴ですが、一体どのようにして名付けられているのでしょうか?


安くてボリューミー!

 永野社・次長の甲斐丈寛さんは取材に対し、こうした弁当のほとんどは「社長のフィーリング」で名付けられているといいます。

 「例えば『食べづらいサンドイッチ』も、本当に食べづらかったからそのまま命名しただけで、深い理由はないと思います」「暗い話題が続いていますから、こうしてお客様に笑いながら手に取っていただけてうれしいです」とのこと。

 Twitterだけでなく、実際にお店を訪れる買い物客からの評判も上々。「九州産のおいしい食材を手ごろな値段で食べてもらいたい」という思いから、味と価格にもこだわっているそうです。確かにメンチカツ入りの「逆ギレ弁当」は250円(税別)、チキンカツカレーに焼きそばマシマシの「タンクトップで皆勤賞カレー」は399円(税別)と、どの弁当も抜群に安い!



 とはいえ、こうした人気の裏には失敗もあったようで、メザシ・卵焼き・魚肉ソーセージとおかずのシンプルさを極めた「昭和初期弁当」は全く売れなかったそうです。これは……まあ……。


昭和初期弁当

 なお、手作りが自慢のお弁当たちは店舗限定販売ですが、「ウメコウジ」オリジナルブランドの商品は全国で展開しています。1番人気の「無添加万能焼肉のたれ」の他、宮崎県発祥の「チキン南蛮」用のたれも販売されており、本場の味を楽しめるそうです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」