ニュース
» 2020年04月30日 17時19分 公開

「逆ギレ弁当」「タンクトップで皆勤賞カレー」とあるスーパーの弁当がフリーダム 「全て社長の思い付きです」

自由すぎるぜ!

[ねとらぼ]

 宮崎県のスーパー「ナガノヤ」「ウメコウジ」で販売されているお弁当が、あまりに自由なネーミングで注目を集めています。「逆ギレ弁当」に「タンクトップで皆勤賞カレー」……名前から中身が全く想像できない!





 Twitterで話題を呼んでいるのは、永野社が運営する宮崎県のスーパー・ナガノヤとウメコウジ。2019年に販売された「食べづらいサンドイッチ」「逆ギレ弁当」が人気を博し、以来ユニークな名前の弁当や総菜を作り続けています。

 「マジ卍弁当」「ムーンウォーク弁当」「反復横跳びメンチカツ」などなど、常人には理解しがたい味の表現が特徴ですが、一体どのようにして名付けられているのでしょうか?


安くてボリューミー!

 永野社・次長の甲斐丈寛さんは取材に対し、こうした弁当のほとんどは「社長のフィーリング」で名付けられているといいます。

 「例えば『食べづらいサンドイッチ』も、本当に食べづらかったからそのまま命名しただけで、深い理由はないと思います」「暗い話題が続いていますから、こうしてお客様に笑いながら手に取っていただけてうれしいです」とのこと。

 Twitterだけでなく、実際にお店を訪れる買い物客からの評判も上々。「九州産のおいしい食材を手ごろな値段で食べてもらいたい」という思いから、味と価格にもこだわっているそうです。確かにメンチカツ入りの「逆ギレ弁当」は250円(税別)、チキンカツカレーに焼きそばマシマシの「タンクトップで皆勤賞カレー」は399円(税別)と、どの弁当も抜群に安い!



 とはいえ、こうした人気の裏には失敗もあったようで、メザシ・卵焼き・魚肉ソーセージとおかずのシンプルさを極めた「昭和初期弁当」は全く売れなかったそうです。これは……まあ……。


昭和初期弁当

 なお、手作りが自慢のお弁当たちは店舗限定販売ですが、「ウメコウジ」オリジナルブランドの商品は全国で展開しています。1番人気の「無添加万能焼肉のたれ」の他、宮崎県発祥の「チキン南蛮」用のたれも販売されており、本場の味を楽しめるそうです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む