ニュース
» 2020年04月30日 17時19分 公開

「逆ギレ弁当」「タンクトップで皆勤賞カレー」とあるスーパーの弁当がフリーダム 「全て社長の思い付きです」

自由すぎるぜ!

[ねとらぼ]

 宮崎県のスーパー「ナガノヤ」「ウメコウジ」で販売されているお弁当が、あまりに自由なネーミングで注目を集めています。「逆ギレ弁当」に「タンクトップで皆勤賞カレー」……名前から中身が全く想像できない!





 Twitterで話題を呼んでいるのは、永野社が運営する宮崎県のスーパー・ナガノヤとウメコウジ。2019年に販売された「食べづらいサンドイッチ」「逆ギレ弁当」が人気を博し、以来ユニークな名前の弁当や総菜を作り続けています。

 「マジ卍弁当」「ムーンウォーク弁当」「反復横跳びメンチカツ」などなど、常人には理解しがたい味の表現が特徴ですが、一体どのようにして名付けられているのでしょうか?


安くてボリューミー!

 永野社・次長の甲斐丈寛さんは取材に対し、こうした弁当のほとんどは「社長のフィーリング」で名付けられているといいます。

 「例えば『食べづらいサンドイッチ』も、本当に食べづらかったからそのまま命名しただけで、深い理由はないと思います」「暗い話題が続いていますから、こうしてお客様に笑いながら手に取っていただけてうれしいです」とのこと。

 Twitterだけでなく、実際にお店を訪れる買い物客からの評判も上々。「九州産のおいしい食材を手ごろな値段で食べてもらいたい」という思いから、味と価格にもこだわっているそうです。確かにメンチカツ入りの「逆ギレ弁当」は250円(税別)、チキンカツカレーに焼きそばマシマシの「タンクトップで皆勤賞カレー」は399円(税別)と、どの弁当も抜群に安い!



 とはいえ、こうした人気の裏には失敗もあったようで、メザシ・卵焼き・魚肉ソーセージとおかずのシンプルさを極めた「昭和初期弁当」は全く売れなかったそうです。これは……まあ……。


昭和初期弁当

 なお、手作りが自慢のお弁当たちは店舗限定販売ですが、「ウメコウジ」オリジナルブランドの商品は全国で展開しています。1番人気の「無添加万能焼肉のたれ」の他、宮崎県発祥の「チキン南蛮」用のたれも販売されており、本場の味を楽しめるそうです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」