ニュース
» 2020年04月30日 18時04分 公開

ランダムな単語が延々流れ落ちるサイトが癒やされる 「なんだか落ち着く」「スクリーンセーバーにしたい」

小説や作詞など、発想のきっかけになるかも。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「ピザカッター」「懲戒処分」「チートイツ」「メアリー・セレスト号」「ラブライバー」「火炎放射器」「慣性の法則」「範馬勇次郎」「ケツバット」「豆腐メンタル」……などと、単語がランダムに延々と流れ続けるサイト「Word Cascade」が、「なんだか落ち着く」「スクリーンセーバーにしたい」と好評です。ずっと見ていられそう。


ワードカスケード 「Word Cascade(言葉の滝)」の名の通り、ずーっとこの調子で言葉が流れ落ちる

ワードカスケード

ワードカスケード

 出てくる言葉は一般名詞やスラング、四字熟語などバラエティ豊富。「アルキメデスの牛の問題」「ヒルベルトの無限ホテル」「マクデブルグの半球」などアカデミックな単語もあって、いろいろと勉強になります。

 制作者は、自作の電子工作やソフトのブログ「まいにちものづくり」を手掛けるゆうもや(@takex5g)さん。以前も日本語のキーワードをランダムに排出するサイト「ランダム単語ガチャ」を制作しており、そのとき設定した単語をWord Cascadeにも活用しています。

 大本のランダム単語ガチャに登録された単語は8000以上。ネットから自動で無作為に抽出したわけではなく、人力で選別しているのだそうです。そのかいあってか、流れる単語は興味を引くものが多く、「語彙力の強化に良さそう」「アイデア出しに便利」など、実用性も評価されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10