ニュース
» 2020年05月01日 19時30分 公開

『火の鳥』を何編から読むべきか? 悩ましい問題を議論する漫画に読者からのお勧め続々

『火の鳥』読み返したくなった。

[ねとらぼ]

 手塚治虫の名作漫画『火の鳥』を何編から読むべきかを議論する漫画が、Twitterでさまざまな反響を呼んでいます。確かにチョイスに悩む……。

火の鳥 バーナード嬢曰く。 どこからでも読めて、どれも面白いからこその悩み

 漫画は施川ユウキ(@ramuniikun)さんの『バーナード嬢曰く。』3巻に収録された一編。同作は、本を読まずに読書通ぶりたい町田さわ子と、友人の図書室の常連・遠藤、SFマニアの神林しおり、シャーロキアンで図書委員の長谷川スミカが読書について語る漫画です。

 読書スランプになったさわ子に、神林が図書室にある漫画を勧めたことから話は始まります。火の鳥を見つけたさわ子は、「黎明編」「未来編」「生命編」などさまざまな物語の中から、何がお勧めなのか神林に聞きます。

火の鳥 バーナード嬢曰く。

 火の鳥の各編は基本的に別々の話です。しかし、全体では最も過去の「黎明編」、最も未来の「未来編」から始まって現代へと近づいていく構成になっている――と玄人的思考を展開する神林。結局は読む順番に正解はない、とストーリー的な魅力から復活編を勧めます。感情の芽生えたロボットが登場する物語で、SF好きらしいチョイスです。

火の鳥 バーナード嬢曰く。

 そこへ待ったを掛けたのが長谷川。火の鳥を代表できる傑作の1つと言える「鳳凰編」を推します。さらに「我王」とボソッと追い打ちをかける彼女。鳳凰編には隻腕隻眼の盗賊、我王という強力なキャラクターが登場します。復活篇にもロビタという印象的なロボットが登場するのですが、我王の「圧倒的な主人公感」に神林は負けを認めます。

火の鳥 バーナード嬢曰く。
火の鳥 バーナード嬢曰く。

 ちなみに遠藤が好きなのは、クローン人間狩りがテレビ番組として放送されている世界を描いた「生命編」。神林、長谷川と一緒に、雑誌掲載版と単行本版が違う……といった手塚ファンあるあるな話で盛り上がりますが、その横でさわ子といえば――予習になるかもとファミコンゲーム「火の鳥」の(原作とほぼ関係ない)動画を見て、総ツッコミされるのでした。

火の鳥 バーナード嬢曰く。
火の鳥 バーナード嬢曰く。

 火の鳥の各編はバリエーションに富んで読み応えがあり、どこからでも読めるのでお勧めを決めるのは難しい! 神林、長谷川、遠藤が語る好きな理由もいちいちうなずけて、ますます選べなくなってくる……。久しぶりに全部読み返したくなりました。

 読者からのリプライでは「やっぱり鳳凰編かな」「黎明編が一番好き」「復活編が一番好きです」「個人的には生命編」「僕は太陽編です」「乱世編(義経)のエピソードが好き」とそれぞれのお勧めを挙げる声や、「何処から読んでも面白いのが凄い」「どこから見てもおもしろいから悩む」といったコメントも寄せられています。

画像提供:施川ユウキ(@ramuniikun)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  2. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  3. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  4. /nl/articles/2104/05/news024.jpg 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  5. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も
  6. /nl/articles/2104/14/news014.jpg 飼い主がゲーム中の猫ちゃんの表情→ゲームをやめ名前を呼ぶと…… 猫の表情ビフォーアフターが面白い
  7. /nl/articles/2101/07/news089.jpg 高岡早紀、高身長な長男&次男とのレアな“家族3ショット” にじみ出るイケメン感に「息子さん達カッコイイなぁ〜」
  8. /nl/articles/2104/09/news143.jpg 森の中で“ある場所”を指し示すカーナビ、恐怖体験かと思いきや…… 涙の展開が待ち受ける怪談漫画
  9. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  10. /nl/articles/2104/14/news010.jpg いつもは出迎える愛犬がハウスに立てこもり→その理由は…… 申し訳なさそうな表情と部屋の惨状がほほえましい