ニュース
» 2020年05月01日 19時11分 公開

スポーツ界から支援広がる 香川真司選手・桃田賢斗選手ら75人のアスリート、マスク20万枚配布

すてき。

[百合野綾,ねとらぼ]

 UDN SPORTSは5月1日、サッカーの香川真司選手、柴崎岳選手、バドミントンの桃田賢斗選手、陸上のサニブラン・アブデルハキーム選手ら、契約アスリート75人が参加する「#つなぐ」プロジェクトを開始しました。

香川真司 柴崎岳 スポーツ アスリート #つなぐ 「#つなぐ」プロジェクト(画像はUDN SPORTS公式サイトから)

 「#つなぐ」プロジェクトは、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)により多大な影響を受けている日本で、全国の学童や医療従事者、各縁のある地域の方々にマスク20万枚と、UDN Foundationの活動の証であるリストバンドと選手のメッセージが入ったレターを配布します。

 「今まで普通につながっていた人たちと直接的につながれなくなってしまった人たちの心のつながりをもたらしたい、また一過性のものではなく、こういった支援の輪がつながり広がっていくように」という思いから発足された同プロジェクト。

「UDN #つなぐプロジェクト メッセージムービー」

 選手が出演するコンセプトムービーや選手からのメッセージムービーも展開されており、映像の中で香川選手は、「今回UDNに所属する選手たちといろいろと話し合いを重ねて、今後一人一人がやれることをやっていきたなと思っています」と意気込み、「次につないでいきましょう」と呼びかけています。

香川真司 サッカー スポーツ スペインからコメントを贈る香川選手(画像はUDN SPORTS Instagramから)

 さらに、ゴールデンウイークの期間にはオンラインでのイベントを実施。3日17時には、サッカーの原口元気選手によるYouTubeライブ、5日19時には桃田選手によるUDN SPORTS公式Instagramでライブ配信が予定されています。このほか、4日、6日〜10日の19時には同プロジェクトサポーターに登録した応募者に対して、サッカーの長谷川唯選手、冨安健洋選手などによるスペシャルトークセッション「#つなぐトーク」が日替わりで開催されます。


関連キーワード

スポーツ | 新型コロナウイルス | 支援


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.