ニュース
» 2020年05月02日 19時00分 公開

ランプの魔人の力で“理想の彼氏”を手に入れるも後悔 実体化された黒歴史と10年付き合う漫画に「笑った」と「もだえた」の声(1/2 ページ)

若さ故の過ち。

[コンタケ,ねとらぼ]

 漫画家の塚沢サンゾ夫さん(@TADAIMA_SANZOH)がTwitterで公開した、「わたしの超理想☆ボーイフレンド」が笑えたり過去をえぐられたりすると大変な評判です。面白いのになんだか読んでて胸の奥がザワザワするなぁ……(黒歴史ノートを厳重にしまいながら)。



週刊少年ジャンプ 読み切り 塚沢サンゾ夫 わたしの超理想☆ボーイフレンド 黒歴史ノート このコマだけでかなりのパゥワーがある

 話は10年前に女子高生だった「虹元みえる」が道端で拾ったランプをこすり、出てきた魔神に願いをかなえてもらうという定番の流れから始まります。当時非リア充だったみえるは咄嗟に「彼氏が欲しい」と回答。

 すると魔神は「好きな男の子のタイプを選んでね!」というプリントシール機のような要求をしてきます。そんな魔神の要求にみえるが取った行動は……。


週刊少年ジャンプ 読み切り 塚沢サンゾ夫 わたしの超理想☆ボーイフレンド 黒歴史ノート 過ちの始まり

週刊少年ジャンプ 読み切り 塚沢サンゾ夫 わたしの超理想☆ボーイフレンド 黒歴史ノート 過ちの結果

 カバンからノートを取り出し、エルフ族の王子でスターライト学園のアイドル的存在な自作キャラ「西園寺アルト=バイエルン」(1016歳)をリクエスト。そう、現在26のみえるから見て“黒歴史ノート”にあたるものに描いたキャラを、そのままリクエストしてしまったのです。

 かなり困惑しながらも、みえるの希望に答える魔神。西園寺アルト=バイエルン(1016歳)は現世に降臨し、みえるは大興奮! アニメキャラに恋心を抱き続けたオタクのみえるはまさに幸せの絶頂です。

 ……が、数カ月もするとその人間離れした外見が徐々に周囲のうわさに。また、当時の画力が忠実に再現されており、羽は生えてるわ体は光ってるわ足は変な方向に曲がるわあごはとがってるわで、明らかに人間離れしています。まあ人間じゃないんですけど。「ねえ……みえるの彼って人間……?」「えっ……エルフだけど……」となかなかきつい会話も行われていたもよう。


週刊少年ジャンプ 読み切り 塚沢サンゾ夫 わたしの超理想☆ボーイフレンド 黒歴史ノート 過ちの過程

週刊少年ジャンプ 読み切り 塚沢サンゾ夫 わたしの超理想☆ボーイフレンド 黒歴史ノート 過ちの罰

 他にもさまざまないらん設定に振り回されながらも10年間黒歴史を養って生きてきたみえるですが、そろそろメンタルも限界に。さらに、街を一緒に歩いている途中で職場の憧れの男性「反平」と遭遇したところ、アルト=バイエルンは反平を「悪いやつだ」と断定し雷魔法スターライトボルテージをぶちかますのでした。


週刊少年ジャンプ 読み切り 塚沢サンゾ夫 わたしの超理想☆ボーイフレンド 黒歴史ノート やっちまった!

 ついに「恥ずかしい思いしながらずっと耐えてきたの」「私にとって黒歴史」と言い放ち、分かれを告げるみえる。それを聞いたアルト=バイエルンは寂しそうにどこかへ飛び立ってしまいます。その一方で、反平といい感じになっていくみえる。


週刊少年ジャンプ 読み切り 塚沢サンゾ夫 わたしの超理想☆ボーイフレンド 黒歴史ノート やっちまった!

 果たしてこのままみえるは、反平と結ばれるのか。アルト=バイエルンはどうなってしまうのか。続きはぜひ読んで見てください。黒歴史で全てが解決する終盤、そして黒歴史の集大成のようなオチは素晴らしいの一言です。

 この「わたしの超理想☆ボーイフレンド」は、2017年の週刊少年ジャンプ25号に読み切りで掲載されたもの。ジャンプ読者なら、覚えていた人も多いはずです。

 この漫画にリプライ欄などでは、「ここ10年位のジャンプ読み切りの中でも最高傑作でした!」「腹筋崩壊しました」「ジャンプで昔に見た漫画で印象的でずっと頭に残ってました」「当時運悪く買えなかったので再掲うれしいです」「天才としか言いようがありません」「90年代を生きた人間は、特に女子は全員こんな感じな絵を描いてたなぁ」といった声が寄せられていました。

 なお、読み切りには掲載されていないおまけの番外編も掲載されています。

(C)塚沢サンゾ夫/集英社

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声