ニュース
» 2020年05月02日 13時00分 公開

つまようじ屋が本気で作った「つまようじ屋の非接触棒」爆誕 エレベーターのボタンや自動販売機など直接押したくないときに

思う存分つんつんできます。

[アラヰフミ,ねとらぼ]

 つまようじ製造60年の菊水産業から「つまようじ屋の非接触棒」が発売されました。エレベーターや自動販売機のボタンなど「直接触れたくないもの」に触るときに役立つというもの。価格は「コロナに負けない」との思いを込めて568円。4月28日からAmazon.co.jpYahoo!ショッピングで販売されています。


つまようじ屋の非接触棒

 「さぁ、思う存分つつくがよい。」のキャッチコピーが示す通り、この「非接触棒」は世の中のあらゆる場所をつつきまくるためのアイテム。自動販売機、エレベーター、電話機、インターフォン、そんな不特定多数にひそむウイルスから身を守ってくれます。湿気で使えなくなってしまった材料(白樺材)を再利用して作られており、焼却処分を待つばかりだった白樺材たちが新たに産声をあげたというストーリーにも味わいを感じずにはいられません。


つまようじ屋の非接触棒

つまようじ屋の非接触棒

つまようじ屋の非接触棒

つまようじ屋の非接触棒

 また、商品には「ちゃんとほかしや〜」のセリフが躍る使用済み入れも付属。ウイルスがついた非接触棒でも安全に捨てることができます。ちなみに「ほかす」は「捨てる」の意味。


つまようじ屋の非接触棒

 現在、一般的な溝の入った国産つまようじを製造しているのは、同社を含め全国でたったの2社とのこと。これからも昔ながらの純国産つまようじをベースに、世の中の役に立つ製品を開発していくとのことです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.