ニュース
» 2020年05月02日 16時43分 公開

やったあああ! 「あつ森」発売でプレミア化していた「どうぶつの森amiiboカード」がマイニンテンドーストアで予約販売再開

一部の人気キャラクターは3万円以上で取引きされていました。

[ねとらぼ]

 「あつまれ どうぶつの森」のリリース以降、品薄が続きプレミア化していた「どうぶつの森amiibboカード」が、マイニンテンドーストアで予約受け付けを再開しています。「あつまれ どうぶつの森」の人気から、一部のカードには数千円〜3万円以上といった値段がつく人気商品となっていました。


あつ森 amiibo

あつ森 amiibo

 同商品はもともと、2015年の3DS用ソフト「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」と同時にリリースされた、カード型のamiibo。「あつまれ どうぶつの森」にも対応しており、カードを読み込ませると絵柄の住人をキャンプに呼ぶことができるため(そのまま島に住まわせることもできる)、「あつ森」発売以降オークションや通販サイトなどで価格が高騰、店頭でもなかなか見掛けない状態となっていました。任天堂もまさか、5年も前の商品がここでまた注目を浴びるとは思っていなかったのかもしれません。


あつ森 amiibo 公式サイトより、amiibo連動機能の解説

 今回マイニンテンドーストアで予約受付を再開したのは、「どうぶつの森amiiboカード 第1弾〜第4弾」(各100種類)と、「とびだせ どうぶつの森 amiibo+」(50種類)の全5シリーズ。各330円(税込)で、1パック3枚入り、1人5点まで予約可能となっています。説明文によると、6月30日までの注文分は受注生産で、9月末までに注文順で順次配達予定。


あつ森 amiiboあつ森 amiibo

あつ森 amiiboあつ森 amiibo

あつ森 amiibo

 また商品説明によれば、販売店向けにも8月までにかけ順次出荷を予定しているとのこと。好きな住人がなかなか来てくれなかった人にとってはうれしいニュースといえそうです。


あつ森 amiiboあつ森 amiibo メルカリでの出品状況。特に人気が高いジュンは一時3万円超えも

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン