ニュース
» 2020年05月02日 19時34分 公開

『幼稚園』6月号は巣ごもりが捗る「ひふみん将棋」が付録! 簡単ルールで将棋、オセロ、囲碁全部楽しめる

駒の動ける方向を示す矢印や、「パワー」の概念でわかりやすい。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 幼児誌にして話題の付録を連発する『幼稚園』(小学館)。2020年6月号はあの“ひふみん”こと加藤一二三九段監修の「ひふみんしょうぎ」が6×6マスのミニ盤で楽しめるほか、オセロと囲碁も加えて日本3大ボードゲームが全部楽しめると話題です。



ひふみん将棋 6×6マスのミニ盤で対決

ひふみん将棋 幼児誌の表紙を、加藤一二三九段(80歳)が飾る

 「ひふみんしょうぎ」は基本的に普通の将棋と一緒ですが、まず6×6マスであることに従って「角」と「香」と「金」がありません。

 さらに「成」となって裏返して強い駒になれるのは、敵陣のタテ2マス以内となっています。


ひふみん将棋 成れるのは敵陣の3マスではなく、2マス以内

 芸が細かいのは駒です。進める方向に矢印が描かれているので、駒の動かし方を覚えなくても、プレーできます。そのうち、駒の動かし方も覚えられそう。

 さらに「パワー」という駒の強さを数値化した記述も。将棋では駒を交換する手順がよくありますが、「駒得」ができたかどうかの形勢判断も身につきそうです。


ひふみん将棋 駒は進める方向に矢印があり、「パワー」まで数値化している

思わぬ落とし穴(?)があるメイキング

 いつもこのコラボふろくシリーズの部品は、ほとんど紙で作られていますが、今回は全てが「紙」です。テープだけは別で必要ですが、それさえあれば作ることができます。

 基本的には将棋盤と駒台を作ればいいので、シリーズのなかでも一番かんたんと言えるでしょう。


ひふみん将棋 ここがぶっちぎりで最難関。あとはカンタン

 ただし唯一の難所は「なか」を「ほんたい」に取り付けるところ。うまくツメがハマらず、恥ずかしながら15分も時間を使ってしまいました。

 あとは流れるように作れますし、駒をパキッと外していくのも気持ちいい。


ひふみん将棋 駒はパキパキとむしり取っていく

雰囲気のある将棋盤が完成

 35分ほどかかって完成。木製の将棋盤さながらの、立派な姿が眼前に現れます。


ひふみん将棋 立体感があり、なかなかの存在感

ひふみん将棋 盤の横には、駒台を引き出しにしてしまうことができる

 実際に買うと少し値が張りそうな、板厚のある将棋盤。真ん中の折り目を頂点にやや傾斜しているのが玉にきずですが、十分雰囲気は楽しめます。盤の横に駒が仕舞えるのも、実用面でポイントが高いところ。


ひふみん将棋 真ん中を頂点に、多少の傾斜はある

ひふみん将棋 玉将を詰める一手がさく裂

 さらに日本オセロ連盟公認「6×6ミニオセロ」と日本棋院公認「7×7ミニいご」も付いています。サクサクと勝負が決まる、初心者に安心の仕様です。


ひふみん将棋 オセロと囲碁の石も紙製

ひふみん将棋 囲碁の攻防も楽しめる

 ちなみに囲碁のルールはなかなか難しいのも有名です。しかし巻末の説明書では最多の4ページを使って説明されており、大人が読んでもなかなかわかりやすい入門ガイドとして機能します。もちろん将棋とオセロのルールも掲載。

 自粛生活中の子どもの情操教育になかなか使えそうで、大人もそれにかこつけて遊べそうなセットです。


ひふみん将棋 大人でも難しいとされる囲碁のルールを、明快に解説

 なおこれまでのシリーズ付録と同様、動画で組み立て例が見られます。説明書の意味をはかりかねる所があったら、手っ取り早く映像で理解しましょう。


「ひふみんしょうぎ」の作り方を早送り再生で見られる

 印象的な作品を次々と生み出し続ける幼稚園。7月号の付録は、オタフクソースコラボの「おこのみやきひっくりかえしゲーム」が登場予定です。


ひふみん将棋 お好み焼き独特の調理行程で遊べる

辰井裕紀


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた