ニュース
» 2020年05月04日 15時30分 公開

またまた超ハイスペック家電がふろくに!「ちゃお」6月号ふろくはセンサー付きルンバ風「おそうじロボ」

消しゴムのカスをハイテクおそうじロボで掃除する時代。

[林美由紀,ねとらぼ]

 5月2日発売の「ちゃお」6月号のふろくは、ハイスペック家電「るんばちっくハッピー☆おそうじロボUSA-8(うさぱんだ)」。これまでもATM貯金箱やブレスレットウォッチなど、豪華なふろくで注目を集める「ちゃお」ですが、超ハイスペック家電がふろくになってしまいました……!


ちゃおふろく01 ちゃお6月号のふろくにルンバ風おそうじロボが登場

 ハイスペック家電「るんばちっくハッピー☆おそうじロボUSA-8(うさぱんだ)」は、「ちゃお」で連載中のまいた菜穂さんの漫画「12歳。」の人気キャラクターうさぱんだがデザインされているルンバ風掃除機。


ちゃおふろく02 自動走行でおそうじ。障害物や机の端っこをセンサーで感知して

 自動走行可能で障害物感知センサー付き。机の上に置けば、障害物や机の端をセンサーで感知して方向転換しながら、本格的な吸引力でゴミを吸い取ってくれます。吸引したゴミは裏側を開けて、簡単に捨てることができます。

 おそうじロボットとしては、2017年4月号のふろく「プリちぃおそうじロボ CHI-01」に続いての第2弾となります(関連記事)。

 6月号には「るんばちっくハッピー☆おそうじロボUSA-8(うさぱんだ)」の他にも、ZOZOの前社長・前澤友作さんがデザインされた100万円札メモやゴールドカードメモなど、お財布に入れておくだけで金運が上がりそうなおもしろメモも付いています。

ちゃお6月号の紹介

 価格は通常通りの660円(税込)。ハイスペック家電が雑誌のふろくになるなんて……。ふろくの進化が止まりませんね!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」