ニュース
» 2020年05月05日 19時30分 公開

心中しようとした文豪がトラックにひかれて異世界転生 漫画『異世界失格』が異世界転生の新たな可能性すぎる(1/3 ページ)

異世界×文豪。

[植木 鉢,ねとらぼ]

 自殺しようとした文豪がトラックにはねられ異世界に転生する話を描いた漫画『異世界失格』が定番を逆手に取った作品として話題を集めています。原作は野田宏さん、作画は若松卓宏さん。『人魚姫のごめんねごはん』コンビによる新作です。


異世界失格 『異世界失格』


 玉川上水で入水自殺を図る作家と愛人。とある文豪の最期として有名な話ですが、そこにトラックが突っ込んで来て2人は自殺ではない死を遂げます。


異世界失格


異世界失格

 文豪が目を覚ますと、そこは教会のような場所。辺りを見回し「ここが死後の世界というわけかね」と感心をしていたところ、「ここは死後の世界ではない」と、この世界の案内人を名乗るアネットが現れました。

 外を見るように促されると、そこにはドラゴンが飛び交う世界。作家は選ばれし者として、異世界に転生してしまったというのです。


異世界失格

異世界失格

 アネットによれば、自殺の際に現れたトラック、通称「異世界当選トラック」こそが文豪が勇者に選ばれた証。不幸な人生を送る人の元に現れて人生をやり直すことができるサービス……なのですが、文豪は自殺こそが自身にとっての幸せであり、不幸だと決めつけるのはおこがましいと憤慨します。


異世界失格

異世界失格

 通常、転生者は何かしら優れたスキルを身に着けているものですが、文豪のステータスはいずれも最低で、アネットは思わず絶句。そんな状態で危険なモンスターがいる外に出ようとする文豪に、彼がどうやら手違いで転生させられていたことを伝えます。ところが文豪は聞く耳を持ちません。


異世界失格

異世界失格

 アネットが、せめて異世界の職業を身につけてから旅立つよう懇願すると、「僕は生まれながらに作家だよ。それ以上でもそれ以下でもない」とのセリフを残し旅立って行きました。ステータスは最弱なのに、なんだか格好良い……!


異世界失格

 旅立った文豪は、魔物の“デスツリー”に捕まった猫耳の冒険者に遭遇。ですが、助けを求められても手助けするどころか、瀕死の状態をうらやみ、魔物の手中に自ら飛び込む始末。冒険は早くもここまでか……というところで、文豪の特殊スキル(?)「猛毒」が発動。デスツリーはボロボロと朽ち果ててしまいました。


異世界失格

異世界失格

異世界失格

 結果的に猫耳少女を助けた文豪は、ふと生前の入水時に傍らにいた女性「さっちゃん」の存在を思い出します。こうして、彼はこの酔狂な異世界で生きていく目的を初めて見つけます。それは「自殺」ではなく、運命の女性さっちゃんとの「心中」。かくして、文豪の前向きだか後ろ向きだか分からない壮大な冒険が幕を開けたのでした。


異世界失格

異世界失格

異世界失格

 1話がTwitterに投稿されると、読者から「これネタがわかったら百倍おもろくなるやつやん……」「太宰治だけでなく夏目漱石等の文豪ネタがちりばめられていて面白いですね」「こんな異世界転生を待っていた!!」「古い定番と新しい定番を混ぜるとこうなるとは…」と評判に。



 『異世界失格』は、やわらかスピリッツで好評連載中。4月にはビッグコミックスより単行本1巻が発売されました。今回ねとらぼでは第1話の前後編を出張掲載します!



『異世界失格』第1話


異世界失格


異世界失格


異世界失格


異世界失格


異世界失格


異世界失格


異世界失格

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声