ニュース
» 2020年05月05日 19時30分 公開

心中しようとした文豪がトラックにひかれて異世界転生 漫画『異世界失格』が異世界転生の新たな可能性すぎる (1/3)

異世界×文豪。

[植木 鉢,ねとらぼ]

 自殺しようとした文豪がトラックにはねられ異世界に転生する話を描いた漫画『異世界失格』が定番を逆手に取った作品として話題を集めています。原作は野田宏さん、作画は若松卓宏さん。『人魚姫のごめんねごはん』コンビによる新作です。


異世界失格 『異世界失格』


 玉川上水で入水自殺を図る作家と愛人。とある文豪の最期として有名な話ですが、そこにトラックが突っ込んで来て2人は自殺ではない死を遂げます。


異世界失格


異世界失格

 文豪が目を覚ますと、そこは教会のような場所。辺りを見回し「ここが死後の世界というわけかね」と感心をしていたところ、「ここは死後の世界ではない」と、この世界の案内人を名乗るアネットが現れました。

 外を見るように促されると、そこにはドラゴンが飛び交う世界。作家は選ばれし者として、異世界に転生してしまったというのです。


異世界失格

異世界失格

 アネットによれば、自殺の際に現れたトラック、通称「異世界当選トラック」こそが文豪が勇者に選ばれた証。不幸な人生を送る人の元に現れて人生をやり直すことができるサービス……なのですが、文豪は自殺こそが自身にとっての幸せであり、不幸だと決めつけるのはおこがましいと憤慨します。


異世界失格

異世界失格

 通常、転生者は何かしら優れたスキルを身に着けているものですが、文豪のステータスはいずれも最低で、アネットは思わず絶句。そんな状態で危険なモンスターがいる外に出ようとする文豪に、彼がどうやら手違いで転生させられていたことを伝えます。ところが文豪は聞く耳を持ちません。


異世界失格

異世界失格

 アネットが、せめて異世界の職業を身につけてから旅立つよう懇願すると、「僕は生まれながらに作家だよ。それ以上でもそれ以下でもない」とのセリフを残し旅立って行きました。ステータスは最弱なのに、なんだか格好良い……!


異世界失格

 旅立った文豪は、魔物の“デスツリー”に捕まった猫耳の冒険者に遭遇。ですが、助けを求められても手助けするどころか、瀕死の状態をうらやみ、魔物の手中に自ら飛び込む始末。冒険は早くもここまでか……というところで、文豪の特殊スキル(?)「猛毒」が発動。デスツリーはボロボロと朽ち果ててしまいました。


異世界失格

異世界失格

異世界失格

 結果的に猫耳少女を助けた文豪は、ふと生前の入水時に傍らにいた女性「さっちゃん」の存在を思い出します。こうして、彼はこの酔狂な異世界で生きていく目的を初めて見つけます。それは「自殺」ではなく、運命の女性さっちゃんとの「心中」。かくして、文豪の前向きだか後ろ向きだか分からない壮大な冒険が幕を開けたのでした。


異世界失格

異世界失格

異世界失格

 1話がTwitterに投稿されると、読者から「これネタがわかったら百倍おもろくなるやつやん……」「太宰治だけでなく夏目漱石等の文豪ネタがちりばめられていて面白いですね」「こんな異世界転生を待っていた!!」「古い定番と新しい定番を混ぜるとこうなるとは…」と評判に。



 『異世界失格』は、やわらかスピリッツで好評連載中。4月にはビッグコミックスより単行本1巻が発売されました。今回ねとらぼでは第1話の前後編を出張掲載します!



『異世界失格』第1話


異世界失格


異世界失格


異世界失格


異世界失格


異世界失格


異世界失格


異世界失格

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた