心中しようとした文豪がトラックにひかれて異世界転生 漫画『異世界失格』が異世界転生の新たな可能性すぎる(1/3 ページ)

異世界×文豪。

» 2020年05月05日 19時30分 公開
[植木 鉢ねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 自殺しようとした文豪がトラックにはねられ異世界に転生する話を描いた漫画『異世界失格』が定番を逆手に取った作品として話題を集めています。原作は野田宏さん、作画は若松卓宏さん。『人魚姫のごめんねごはん』コンビによる新作です。


異世界失格 『異世界失格』


 玉川上水で入水自殺を図る作家と愛人。とある文豪の最期として有名な話ですが、そこにトラックが突っ込んで来て2人は自殺ではない死を遂げます。


異世界失格


異世界失格

 文豪が目を覚ますと、そこは教会のような場所。辺りを見回し「ここが死後の世界というわけかね」と感心をしていたところ、「ここは死後の世界ではない」と、この世界の案内人を名乗るアネットが現れました。

 外を見るように促されると、そこにはドラゴンが飛び交う世界。作家は選ばれし者として、異世界に転生してしまったというのです。


異世界失格

異世界失格

 アネットによれば、自殺の際に現れたトラック、通称「異世界当選トラック」こそが文豪が勇者に選ばれた証。不幸な人生を送る人の元に現れて人生をやり直すことができるサービス……なのですが、文豪は自殺こそが自身にとっての幸せであり、不幸だと決めつけるのはおこがましいと憤慨します。


異世界失格

異世界失格

 通常、転生者は何かしら優れたスキルを身に着けているものですが、文豪のステータスはいずれも最低で、アネットは思わず絶句。そんな状態で危険なモンスターがいる外に出ようとする文豪に、彼がどうやら手違いで転生させられていたことを伝えます。ところが文豪は聞く耳を持ちません。


異世界失格

異世界失格

 アネットが、せめて異世界の職業を身につけてから旅立つよう懇願すると、「僕は生まれながらに作家だよ。それ以上でもそれ以下でもない」とのセリフを残し旅立って行きました。ステータスは最弱なのに、なんだか格好良い……!


異世界失格

 旅立った文豪は、魔物の“デスツリー”に捕まった猫耳の冒険者に遭遇。ですが、助けを求められても手助けするどころか、瀕死の状態をうらやみ、魔物の手中に自ら飛び込む始末。冒険は早くもここまでか……というところで、文豪の特殊スキル(?)「猛毒」が発動。デスツリーはボロボロと朽ち果ててしまいました。


異世界失格

異世界失格

異世界失格

 結果的に猫耳少女を助けた文豪は、ふと生前の入水時に傍らにいた女性「さっちゃん」の存在を思い出します。こうして、彼はこの酔狂な異世界で生きていく目的を初めて見つけます。それは「自殺」ではなく、運命の女性さっちゃんとの「心中」。かくして、文豪の前向きだか後ろ向きだか分からない壮大な冒険が幕を開けたのでした。


異世界失格

異世界失格

異世界失格

 1話がTwitterに投稿されると、読者から「これネタがわかったら百倍おもろくなるやつやん……」「太宰治だけでなく夏目漱石等の文豪ネタがちりばめられていて面白いですね」「こんな異世界転生を待っていた!!」「古い定番と新しい定番を混ぜるとこうなるとは…」と評判に。



 『異世界失格』は、やわらかスピリッツで好評連載中。4月にはビッグコミックスより単行本1巻が発売されました。今回ねとらぼでは第1話の前後編を出張掲載します!



『異世界失格』第1話


異世界失格


異世界失格


異世界失格


異世界失格


異世界失格


異世界失格


異世界失格

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/04/news113.jpg フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. /nl/articles/2403/04/news031.jpg 弟を出産したママをお見舞い、1歳息子が見せたけなげな姿が500万再生 かみしめる下唇に「背中から抱きしめたい」「涙腺崩壊」
  3. /nl/articles/2403/04/news068.jpg 急に片耳がたれたワンコ、慌てて病院にいった結果…… 「こんな可愛い診断結果初めて見たよw」「笑っちゃった」と反響
  4. /nl/articles/2403/04/news086.jpg 明治のキャンディー「チェルシー」3月に終売 「販売を終了せざるを得ない状況」で53年の歴史に幕
  5. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  6. /nl/articles/2205/10/news146.jpg フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  7. /nl/articles/2403/04/news021.jpg 6歳娘「ママはどうしてパパと結婚したの?」 かわいい質問に隠された真意と軽快なトークに「人生何周目なん!?」「終始爆笑w」
  8. /nl/articles/2403/04/news096.jpg 辻希美、長女&長男の珍しい“年頃コンビ”ショット すっかり大人びた姿に感慨「16年前は想像も出来なかった」
  9. /nl/articles/2310/12/news116.jpg 1歳息子に付き合う柴犬、困惑しながらアンパンマンカーに乗り…… 優しい兄犬に「ワンコの表情w」「癒やされました」
  10. /nl/articles/2403/04/news016.jpg 眠る弟に膝枕する兄、カメラ目線で「し〜っ、だよ」と教えてくれた次の瞬間……! 衝撃の展開に「面白すぎる」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」