ニュース
» 2020年05月06日 19時30分 公開

病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり

こんな死神なら会ってみたい

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 病弱な子どもの前に現れたお世話好きの死神を描いた漫画に、死神の意味を問いかけたくなります。作者はTwitterに漫画を投稿しているMOEKI(もえき)(@moeki0329)さん。


死神 ギャップ

 病棟では一人の少女が苦しそうにしており、医師も手の施しようがない状態に陥っていました。そんな少女の側には、大きな鎌を持ち、黒いローブを頭からかぶった骸骨の姿が……。それは紛れもなく死神です。息も絶え絶えで咳き込む少女に、死神はスッと手を伸ばします。


死神 ギャップ 死神というとやっぱり黒い装束に大鎌ですね
死神 ギャップ 死神が見えるのは死が近い証拠……

 「んもー!! まぁ〜た思いっきりかけっこしたわねぇー!?」なんと死神は少女の魂を狩るどころか、体調を押して遊んだことを叱りつけ始めました。「アタシ特製のお薬つくってきてあげたわよぉ!お飲みなさい!」容赦なく少女のお世話をし始める死神さん。「ごめんなさい」と謝る少女に「もうっ! 謝るんじゃないわよぉ!」と怒りながらも、リンゴの皮をむいて食べさせます。毒りんごじゃないんですよね?


死神 ギャップ どっちかと言うと毒飲ませたり、毒りんご食べさせる方ですよね?

 少女は病弱で、他の子どものように遊ぶことはできません。泣きじゃくりながら「うらやましくって……」と言われると、死神さんも何も言えなくなってしまいます。「好きなだけ遊んだらいいじゃない……っ」子どもの涙に弱いようで、いくらでも看病すると宣言してしまいます。

 そして翌日、死神さん特製の薬が効いたのか奇跡的な回復をし、少女はまた友達と遊べるようになったのでした。


死神 ギャップ 子どもの涙に弱い死神さん、推せる

 死を運ぶはずが、むしろ死から遠ざけてしまう死神さん。元気になった少女を木陰からうれしそうに見守るその姿は、むしろ守護霊のようです。この死神さんが本来の役目を果たす時はくるのか、そっちも気になってしまいます。

 読者からは「死神とは?」「圧倒的オカン」「近所の世話好きおばちゃんですね」など、おちゃめな死神さんに好意を示すリプライが続いています。死神さん、上司に叱られないようにね。

画像提供:MOEKI(もえき)(@moeki0329)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.