ニュース
» 2020年05月06日 11時45分 公開

飲料水メーカーLiquid Death、ネットの文句を集めてデスメタルアルバムを制作 「宣伝担当をクビにしろ」「人生を考え直せ」など辛らつな歌詞

非難を真摯(しんし)に受け止めたようです(?)。

[関口雄太,ねとらぼ]

 飲料水メーカーのLiquid Deathが、ネットで寄せられた文句を集めて作曲したデスメタルアルバムをリリースしました。タイトルは「グレイテスト・ヒッツ(ヒット曲を集めたアルバム)」ならぬ「Greatest Hates(グレイテスト・ヘイツ:文句を集めたアルバム)」。


飲料水メーカーがネットの文句を集めてデスメタルアルバムを発表 ネットでの文句を集めた「グレイテスト・ヘイツ」(画像はLiquid Deathより)

 Liquid Deathは500ミリリットルのロング缶に入った水を販売しています。メタルリスナーが、アルコールを飲むようにカッコをつけながら飲めるパッケージデザインが特徴です。

 また、プラスチックゴミは完全には分解されず海洋汚染の原因となっていることから、環境配慮デザインの水であることをうたっています。海外メディアでは、2月に900万ドルの資金調達に成功したと報じられており、投資家の間でも注目を集めているようです。


環境配慮もアピールするCM

 Greatest Hatesは全10曲を収録。楽曲タイトルには「宣伝担当をクビにしろ」「最悪の水の名前」など過激な言葉が並んでいます。ジャケットには、怒りに燃えた人々が同社の商品「Mountain Water」を取り囲み、火あぶりの刑に処する様子が。

 歌詞には「あなたたちは真剣に人生の選択について検討し直すべきだ」「今までにない最悪な水の名前だ」など、Liquid Deathに寄せられた辛らつなコメントが並んでおり、デスメタル特有のヘヴィなサウンドと、うめくようなスクリームで、レビュー投稿者の怒りが十分すぎるほど伝わってきます。

 Facebookページでは1分間の紹介動画を公開。通販番組のように興奮したナレーターの語り口と本格的なデスメタルサウンドのミスマッチで笑いを誘います。悪評を有効活用するLiquid Deathの意気込みに、振り切った狂気を感じます。



 「Greatest Hates」はSpotifyで配信しており、公式サイトでは12インチレコード(LP)も販売中です。収録楽曲は、以下の通りとなっています。

  1. Huge Tools (Every Single Person Involved)
  2. Reconsider Your Life Choices
  3. Fire Your Marketing Guy
  4. Dumbest Name Ever For Water
  5. Get Slaughtered On Shark Tank
  6. This Water Couldn’t Be Less Appealing
  7. Selling Your Soul Is Deplorable
  8. Go Out Of Business
  9. This Crap Is Pure Evil
  10. Bad Marketing

飲料水メーカーがネットの文句を集めてデスメタルアルバムを発表 メタラーに似合いそうなデザイン(画像はLiquid Deathより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた