ニュース
» 2020年05月07日 11時00分 公開

「楽しそうに話しているがこの作家――このままでは進行がエラいことになる」 作家Zoom飲み会用の背景が使いどころありまくり

あんまり使いたくないですが、使えそうな機会は多そうです……。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 「楽しそうに話しているがこの作家――締め切りがそこまで迫っている」など、作家同士のオンライン飲み会で活用(?)できそうなバーチャル背景がTwitterで配布されています。

photo 作家向けのバーチャル背景

 作成したのは、『小説の神様』(相沢沙呼)のコミカライズ版を手掛ける漫画家の手名町紗帆(@tenacitysaho)さん。作家同士でのZoom飲み会が楽しすぎたので、“自らへの戒め”として作ったと説明しています。

 手名町さんが作成した背景は全4種類。黒い背景に「楽しそうに話しているがこの作家――編集からのメールを放置している」などやばい状況をナレーション風に表現しています。作家自身が「あぁ僕はダメな作家だ……印刷所の人にも家族はいるのに……」と自己嫌悪している背景も。

photo 編集からのメールを放置してお酒を飲みたいときにおすすめ
photo エラいことになりそうなときに使える背景
photo 自責バージョンも

 自分を追い込むにはよさそうですが、もしも飲み会に参加した作家さんが全員この背景だったら……すごいことになりそうです。

画像提供:手名町紗帆(@tenacitysaho)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン