ニュース
» 2020年05月07日 19時59分 公開

「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員

5月6日の岐阜新聞に掲載されたソーシャルディスタンスを呼びかける広告。

[イッコウ,ねとらぼ]

 5月6日の岐阜新聞に掲載された「Stay Home」を呼びかける広告が話題を呼んでいます。一見すると不思議なイラストが並んでいるだけに見えますが、離して見ると意味が分かるというもの。


岐阜新聞 離れて見ると意味が分かる

 このイラストは岐阜新聞上で5月1日から5月6日まで行われていた企画「STAYHOME with newspaper」の最終日に掲載されたもの。この企画はお家時間を楽しく過ごしてもらうことを目的としており、5月6日までにもクロスワードパズルや塗り絵などを掲載。話題となった5月6日の広告は、水玉模様を描いたようなイラストが11個並んでおり、一見すると意味が分からないものですが、紙面の指示通り2メートル以上離れて見ると「離れていても心はひとつ」という文字が浮かびあがるようになっています。


岐阜新聞 STAYHOME with newspaper

岐阜新聞 クロスワードパズル

岐阜新聞 レシピの紹介

岐阜新聞 こどもの日には塗り絵も

 この広告を作ったのは岐阜新聞社営業部の蜂谷さん。ご本人に話を聞いたところ、蜂谷さんはもともとデザインの勉強をしていたわけではなく、この広告も「パワーポイントで黒い四角形を切り抜いていって作った」と語るなど、意外にも簡単に作られたものだったそうです。なお、この広告には「自粛期間中も家の中で楽しんでほしい」という狙いの他、「読者を物理的に動かしてみたい」という思いもあったんだとか。

 この広告はTwitterを中心に広く拡散。多いものでは12万回以上リツイートされ、今も称賛する声が上がり続けています。この反響について広告を作った蜂谷さんは、「普段は発行部数以上の人から反応が来ることはないが、この広告で新聞を読んでない層からも反響が寄せられたので良かった」と喜びを語りました。

画像提供:岐阜新聞社



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響