ニュース
» 2020年05月08日 22時24分 公開

遠くに見える山の「雪形」。残雪の形を何に見立てる?

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

天気 雪形 残雪の形が何に見える? 鳥? うさぎ? ワニ?

 4月の下旬頃から、北国の標高の高い山々でも雪解けが始まります。昔は、遠くの山に残った雪の形や、雪が解けて見える岩肌の形を見て、「この形が見えてきたから種をまこう」「この形になったから田植えをしよう」など、山の残雪の形や、見えている岩肌の形が農作業の目安となっていました。山に見えるこれらの形は「雪形(ゆきがた)」とよばれ、各地で人や動物に例えられています。あなたが住む街からは、遠くの山にどんな雪形が見えますか?

北アルプス・白馬の「武田菱」。武田氏の家紋 “四割菱” が山頂に!


天気 雪形

 北アルプスでは、4月上旬ころから雪形が見えはじめます。中でも、1カ月以上もの長い間見ることができるのが、五龍岳の頂上付近にある五龍菱です。五龍菱は四つの菱形を組み合わせた形をしていますが、これがまるで戦国武将・武田氏の家紋、四割菱(よつわりびし)に見えることから、「武田菱」とよばれることのほうが多いようです。山頂付近の四つの菱形は誰でも見つけやすいので、雪形ウォッチングの“初心者”にも人気です。条件が合えば、ゴールデンウイークを過ぎても確認することができます。

 雪形の見え方は二種類に分けられ、白く残った雪の形で見るのが「ポジ型」、雪が解けたことによって現れる黒っぽい岩肌の形で見るのが「ネガ型」といわることがあります。五龍岳の武田菱は岩肌の形で見るので「ネガ型」となります。

参考 白馬ハイランドホテル「春の雪形ウォッチング」/安曇野市役所「雪形とは

福島市から眺める吾妻小富士の「種まきうさぎ」。桜のころに現れる


天気 雪形

 白い雪形、いわゆる「ポジ型」で分かりやすいのが、吾妻小富士に現れる「種まきうさぎ」です。残雪の形を見ると、うさぎが両耳を立てて、こちらを向いているように見えます。ちょうど桜や桃、菜の花が咲く時期に現れ、福島市内からよく見えます。

 昔は、山に種まきうさぎが現れるころを見計らって田畑の農作業を始めました。雪形が農事の暦として重要視されていたため、その呼び名も、単なる「うさぎ」ではなく、頭に「種まき」がついて、「種まきうさぎ」と呼ばれるようになったのでしょう。

 日本各地には雪形を農作業の暦がわりにしたり、豊作か凶作かの目安にしたりしていた地方がたくさんありましたが、農業は機械化が進み、技術が進歩し、天気予報が発達したため、雪形に頼らなくなってきました。しかし、福島の種まきうさぎをはじめ、雪形が観光資源となっている地方もあり、現在は雪形ウォッチングが開催されたり、雪形のお菓子などが作られたりしているところもあるようです。

参考 浄土平・吾妻山[磐梯朝日国立公園]「種まきうさぎ」見ごろ♪/石川県白山自然保護センター 白山の自然誌29「白山の雪形」

見えるままに見立てる新しい雪形。ちょっぴり笑いのエッセンスも


天気 雪形 「飛び立つ鳥」に見える?

 農作業に携わる人たちによって暦がわりとして古くから利用されていた雪形ですが、最近は農事と関係なく、雪形に自分流に名付ける、いわゆる「ニューフェース雪形」も人気があるようです。雪形の写真を募集してコンテストを行っていた団体もあります。投稿された雪形写真のタイトルを見ると、クスッと笑ってしまうようなものも多数ありました。

 北国にお住まいの方なら、山にはまだまだ雪が残っています。雪形の写真を撮って、自分なりのタイトルをつけてみるのも面白いかもしれませんね。

 雪形を農作業の暦にするという風習はだんだん継承されなくなってきましたが、遠くに冠雪している山が見える地方に住んでいると、山の雪が解けてきたからそろそろ家庭菜園の苗を植えようなど、実際に雪解けを目安にしている方もいらっしゃると思います。

 5月上旬になると北海道は桜のシーズン。標高の高い山の雪解けが始まる季節です。


天気 雪形 この雪形は何に見える?

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙