ニュース
» 2020年05月09日 20時30分 公開

校舎裏で告白するはずが…… 卒業式が中止になってしまった学生たちの15年後を描いた漫画に反響

過去と未来がつながる日が来るかもしれない。

[林美由紀,ねとらぼ]

 もしも卒業式ができていれば、違った人生もあったかもしれない――。卒業式が中止になってしまった学生をテーマにした創作漫画「卒業式中止から15年後」を読むと、本当にこんな未来が訪れそうで心がギュッとします。


卒業式中止から15年後ー05 卒業式の後、どんな未来が待っていたのか


 卒業式を翌月に控え、クラスの男子に「式が終わったら話がある」と言われた女の子。別に好きでもなかった相手だけど、その日から彼のことを自然と考えてしまい、あからさまな告白の予感に身悶えしてしまいます。

 ところが卒業式は中止になり、連絡先を知らなかった彼とはそれきりに……。


卒業式中止から15年後ー01

卒業式中止から15年後ー02

 高校卒業から15年、アラサーになった女性はいまだ彼氏無し。ある日、ふとテレビを観ていると、「あの感染から15年」と題したニュース番組の中で、1人の男性がインタビューを受けていました。その男性は卒業式が中止になったことを今でも思い出し、卒業式の有無で人生が変わっていたかもしれないと答えます。だから、来月の同窓会を楽しみにしていると。そして、あの頃と変わらずにいてほしいとも。

 女性は急いで実家に連絡し、同窓会の連絡が届いていないか確認。すぐに送ってほしいと頼みます。そして、ダイエットするから食材やお菓子は一緒に送らなくていいよと伝えるのでした。止まったままだった時計が動き出しそうな予感がします!


卒業式中止から15年後ー03

卒業式中止から15年後ー04

 卒業式が中止になった学校も多く、漫画の男性のように卒業式に何かしらの想いを伝えようと思いながらかなわなかった人もいるかもしれません。まさに今年起きたかもしれないこと、未来に起こりうることに注目したストーリーは、多くの読者の心に響いたようです。

 作者のkimura(@kimurax0778)さんは、中性的な男の子の生きづらさを描いた漫画「中性ちゃんは今日も生きづらい」など、創作漫画やイラストをpixivで公開しています。

画像提供:kimura(@kimurax0778)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.