ニュース
» 2020年05月10日 22時00分 公開

プラズマ火球、発射ニャ! 人類のイタズラで大いなる技を身につけたネコ様の写真が楽しい (1/2)

差分画像を作ってスマホの壁紙にしたい。

[ウグイラン,ねとらぼ]

 ネコ様がプラズマ火球を撃ち出す技を身につけたようです。そんなばかなことがあってはたまりません、実際の写真を見てみなければ!


実家のネコ プラズマ火球 こ、これは驚異の写真だ!

 投稿された写真に写っているのは、口を大きく開けたネコ様でした。その口の中には、確かにまばゆい放射状の光を放つ火球が! プラズマ火球を撃つネコは真実……って、そんなわけあるかーーーい!

実家のネコ プラズマ火球 って、よく見たらあくびの最中やないかーーーい!

 この写真はもちろん、人の手によって加工されたイタズラ画像。モデルになったのは投稿したあぶみ(@abumi)さんの実家のネコ様で、あくびした時の大口あけた表情に光の加工を施されたようです。

 プラズマ火球の加工はPC用の画像編集ソフト「GIMP」の「超新星」フィルターを利用して作ったのだそうです。制作方法が発表されると、早速方々のネコ様も次々とプラズマ火球を撃ち始めます。

実家のネコ プラズマ火球 このメニューから作れます。つくってあそぼ!

 中にはビーム砲を撃つネコちゃんや、ネコちゃんではなくポメラニアンまで登場。ひまを持て余した人間たちの遊び……? ネコ様たちはおそらく自分がプラズマ火球を撃ったことなんて知りません。何も知らないの、かわいい。

 プラズマ火球のみならず、目を光らせたり指先に光を灯してみたりとさまざまな遊び方ができそう。PCでの作業環境をお持ちの方は、このフィルター遊びにトライしてみるのも面白そうですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」