ニュース
» 2020年05月10日 22時00分 公開

プラズマ火球、発射ニャ! 人類のイタズラで大いなる技を身につけたネコ様の写真が楽しい (1/2)

差分画像を作ってスマホの壁紙にしたい。

[ウグイラン,ねとらぼ]

 ネコ様がプラズマ火球を撃ち出す技を身につけたようです。そんなばかなことがあってはたまりません、実際の写真を見てみなければ!


実家のネコ プラズマ火球 こ、これは驚異の写真だ!

 投稿された写真に写っているのは、口を大きく開けたネコ様でした。その口の中には、確かにまばゆい放射状の光を放つ火球が! プラズマ火球を撃つネコは真実……って、そんなわけあるかーーーい!

実家のネコ プラズマ火球 って、よく見たらあくびの最中やないかーーーい!

 この写真はもちろん、人の手によって加工されたイタズラ画像。モデルになったのは投稿したあぶみ(@abumi)さんの実家のネコ様で、あくびした時の大口あけた表情に光の加工を施されたようです。

 プラズマ火球の加工はPC用の画像編集ソフト「GIMP」の「超新星」フィルターを利用して作ったのだそうです。制作方法が発表されると、早速方々のネコ様も次々とプラズマ火球を撃ち始めます。

実家のネコ プラズマ火球 このメニューから作れます。つくってあそぼ!

 中にはビーム砲を撃つネコちゃんや、ネコちゃんではなくポメラニアンまで登場。ひまを持て余した人間たちの遊び……? ネコ様たちはおそらく自分がプラズマ火球を撃ったことなんて知りません。何も知らないの、かわいい。

 プラズマ火球のみならず、目を光らせたり指先に光を灯してみたりとさまざまな遊び方ができそう。PCでの作業環境をお持ちの方は、このフィルター遊びにトライしてみるのも面白そうですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた