ニュース
» 2020年05月11日 20時00分 公開

プログラマーに無視される理由は「ロジックの海に潜っているから」 コードを書いている人が説明する漫画に「完全に同意」

やるべきことをやるべき時に。

[林美由紀,ねとらぼ]

 「コードを書いてる人って話しかけても無視するよね」と言われた経験を持つ人が、コードを書いている時の頭の中の状況を素潜りにたとえて説明した漫画が「完全に同意」と話題になっています。


コードを書いてる人に話しかけても返事がない理由02 プログラマーに話しかけても返事がない場合の頭の中は……

 プログラムを組むことは素潜りに似ていて、さまざまな考えを巡らせロジックの海に深く潜って、solution(解決策)を探している――プログラマーに「調子はどう?」などと声をかけて返事が無かった場合、頭の中はこんな状態になっていると作者の言迷水さんは説明します。

 そのsolutionをやっと見つけて届きそうなところで声をかけられた場合、その問いかけに反応するためにすぐに戻るか、もう少し潜って探していたものを手に入れてから戻るかの選択となります。そこで、潜り直すのは大変なので、先に探していたものを拾ってから水面に上がることを選択することもあるようです。そして、返事をするために水面に上がったころには声をかけた人はもういない……つまり、無視してしまったような状況になってしまうのだとか。


コードを書いてる人に話しかけても返事がない理由01

 コードを書いている人に限らず、集中している時に声をかけられると同じような状況になることはあります。「声をかける側が気軽な返事を求めても、作業中は何気なく返事できない場合もある」これが分かっているだけで、返事がないことに理解を示すことができそうです。

 この漫画の読者からは「頭の中で順序を追って組み立てながら探っているから途中でやめると全部組み立て直さないといけないのよね」「素潜りっていう例えは言い得て妙で、『ちょっと終わるまで待ってて』っていう簡単な内容でも口に出すと溺れる(集中が途切れる)のでいつもハンドサインしか出せない」などプログラマの人たちを中心に似たような体験をしたことがあると共感を得ています。

画像提供:言迷水(@nazomizusouti)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」