連載
» 2020年05月11日 18時00分 公開

不倫相手を“格下げ”して友達に!? ダメ男の押しに弱そうな相談者に弁護士が告げる「お友達にはなれません!」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト (1/2)

子どもの反応「そうなんだ」もすごい!

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは5月8日(金)放送の今井通子パーソナリティー回。

 定番の「配偶者が不倫している」ではなく、「自分が不倫している」という相談。

テレフォン人生相談

不倫相手を格下げして友達になる?

 相談者は49歳女性。夫は58歳。息子がふたり。

 「今日はどういうご相談ですか?」

 「私の不貞行為のことで相談したいと思って電話しました」

 いきなり剛速球が飛んできた。1年ほど前に入社した会社で指導してくれた先輩と、半年前から不倫関係になっているという。相手は妻子持ちの68歳。約20歳年上!

 「どっちが誘ったんですか?」

 「『好きだ』って言われて、最初、人妻なのを理由にお断りしてたんですよ」「根負けした形で一回会ったんですね、外で。そしたら案の定、深い関係になりまして」

 何というか……押しに弱い。この関係は現在も続いていて、同じ職場で働いていることもあり、空き時間が合うと昼間から会ったりしているようだ。

 「ふたりの子どもには『こういう風な人がいる』っていうのは、概要だけは伝えてて、『そうなんだ』っていう軽い感じでは知ってるんですけど……」

 なぜ子どもに言う!? 息子はふたりとも実家を出ているということで、そこそこな年齢だとは思うが、それにしても母親の不倫情報なんて聞きたくない。

 「このまま、こういう状況が続くんだったら、旦那にも当然バレるだろうし。まあ『言わなければいいじゃないか』ってこと、相手の方は言ってるんですけど。『要領よくやりゃあいいじゃねえか』って」

 「要するに、ご主人と離婚しようなんてさらさら思ってないってことですよね?」

 「こういう風な関係が続いてるんだったら、私も不貞行為だし、離婚しちゃった方がいいのかな、なんて考えるようなこともあるんですよ」

 当初は関係を断っていたものの、付き合いが続く中でだんだん相手のことを好きになってしまったという。一方、結婚から20年経つ夫への不満は溜まっているようだ。

 「若いころから借金抱えてたり、働かなかったりっていうのが沢山あって。不満はたくさんあるんですけど」

 「働かなかったりって? だってご主人、会社員でしょ?」

 「会社員ですけど、ここ2〜3年前くらいからやっと働き出して……。結婚当初は全然働かなくて」

 「じゃ、髪結いの亭主(ヒモ)?」

 「……ていう時期もありました」

 籍入れた次の日に「実は250万の借金がある」と告白され、それを相談者がほとんど返していた時期もあったという。

 夫への愛情は「ほぼない」という相談者、しかし不倫相手が妻と別れてくれる可能性も「ほぼない」ようだ。

 「このまま続けていいのか、それとも職場も一緒なんで、少し格下げじゃないですけど、お友達としてお付き合いしていけばいいのか、どうすればいいだろうと思って」

 不倫相手を格下げすると友達になるのか……?

テレフォン人生相談

ダメ夫に愛想を尽かしてダメ男と不倫するだめんずな相談者

 この日の回答者は弁護士の中川潤。

 夫がダメなことと、不倫相手に惹かれてしまう気持ちは切り分けて考えるべきだとした上で、この不倫相手をバッサリと斬った。

 「相手の男……スゲエ問題あるよ、人間として。だって、68になって自分の家庭があってですよ? いい年こいてさあ、『そんなの分からなきゃいいじゃんか』とか、『要領よくやればいいじゃんか』とね。そんなアホなこと言ってるような男はね、ハッキリ言うけどロクなもんじゃないですよ」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた