コラム
» 2020年05月11日 21時00分 公開

「貴重すぎ」「DVD化してもらえませんかね」 9月に廃止、秩父鉄道公式「三ヶ尻線の前面展望動画」が超ワックワク (2/3)

[呼んでる渋沢,ねとらぼ]

三ヶ尻線熊谷貨物〜三ヶ尻間は既に2020年3月に運行を終了 最後に走るのは東武の車両?

 動画の三ヶ尻線熊谷貨物ターミナル駅〜三ヶ尻駅の区間は、2020年9月に廃止となります。定期貨物列車は、既に2020年3月に運行を終了しています。

 定期貨物列車の運行は終わりましたが、廃止まで全く列車が走らないわけではありません。この区間は東武鉄道の新型車両の輸送にも使われます。

 例えば、2020年6月に運行開始予定である東武鉄道の新しい座席指定列車「THライナー」(関連記事)専用車両である東武70090型もこの三ヶ尻線を経由して運ばれました。三ヶ尻線の廃止区間を最後に通過するのは東武の車両になるかもしれません。

鉄道 秩父 貨物 三ヶ尻線 東武 甲種 埼玉 THライナーに使う東武70090形も三ヶ尻線を経由して運ばれた(画像:東武鉄道)

 ともあれ、そもそも見る機会がほとんどない貨物列車専用区間の前面展望であり、さらに廃止が決まっている区間。動画にも「求められていたのはこれ」「このタイミングで公開してくれたのはありがたい」など、喜び、そしてしんみりするようなコメントが多く寄せられました。

 秩父鉄道公式チャンネルでは、三ヶ尻線の残りの区間を収録した後編も公開。前面展望を楽しみつつ、自宅から廃止区間のお別れ乗車もいかがでしょうか?



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.