ニュース
» 2020年05月13日 07時30分 公開

「こんな危ない所にいられないわ! 私もう出て行く!!」 推理小説でありがちな場面からの超展開 スケールでかすぎ4コマ漫画

そこまで出ていかなくても……。

[ねとらぼ]

 「殺人鬼がいるかもしない場所にいられるか、私は出ていく」――推理小説でよくある場面で、とんでもないところまで出ていってしまう4コマ漫画がシュールな笑いを誘います。

死亡フラグが立っちゃうやつ

 殺人事件が起きた現場にいるおばちゃん、「もうガマンできない!! この中に殺人鬼がいるかもしれないのよ!?」とお決まりのセリフを言って立ち上がります。「私もう出て行く!!」と建物から飛び出し、さらにはシャトルに乗って宇宙(そら)へ――ってどこまで出て行くんだ。

 事件現場どころか地球を飛び出してしまったおばちゃん。スケールがでかすぎます。確かに宇宙に殺人鬼はいないだろうけどけれども! むしろここまでやってしまうおばちゃんなら、殺人鬼にも勝てるのでは……?

 漫画の作者は漫画家の遥那もより(@moyoribiyori)さん。Twitterでは他にも、欠席していた修学旅行の集合写真に嫌すぎる合成をされる話や、飲みの席に呼ばれて文字通り“顔だけ出す”話など味のある4コマ漫画や、男女の日常を描くほのぼの恋愛マンガ「今年の大みそかに付き合う二人」を公開。またマンガボックスではゴースト漫画家ネコが登場する「ネコの手、借りてます」を連載しています。

遥那もよりさんの4コマ漫画

空から見守ってるみたいになってる……
そのまんまやないかい
こんな本編は嫌だ
まさかの収入源

画像提供:遥那もより(@moyoribiyori)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響