ニュース
» 2020年05月15日 08時30分 公開

【5年前の今頃は?】タスケテ……コロシテ…… ギネス世界記録に認定された「世界一重いイチゴ」の見た目が悪魔合体すぎる

数年前の今日はどんな記事があった?

[ねとらぼ]

 気になるインターネットの話題を中心に扱うメディア「ねとらぼ」は2021年4月で10周年。それを記念して、数年前の同じ日に掲載されたニュースから、懐かしのトピックスを振り返ります。


 5年前の2015年5月15日、ギネス世界記録が「世界一重いイチゴ」の紹介動画を投稿し、十数個のイチゴが融合したようなインパクト抜群のビジュアルが世界を震撼させました(関連記事)。


動画が取得できませんでした



 生産者は福岡県で農家を営む中尾浩二さん。その見た目は十数個分のあまおうが1つになった異形の姿。高さ8センチ、長さ12センチ、外周は25〜30センチになるという巨大さで、でこぼこと実にいびつな形をしています。

 このように複数のイチゴが1つになってしまう現象は、霜の被害などイチゴが周囲の環境から影響を受けることによってしばしば起こるのだそう。中尾さんはこうした現象を研究し、意図的に巨大イチゴの栽培に挑戦していたそうです。

 品種は「あまおう」とのことで、実食した中尾さんの娘さんによればお味の方も「おいしい」そうです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.