ニュース
» 2020年05月15日 09時00分 公開

「ロイヤルホスト」など70店閉鎖へ ロイヤルHD、業績悪化でリストラ迫られる

ロイホやてんや、高速SA・PAの飲食店などが大きく落ち込んでいます。

[ねとらぼ]

 ロイヤルホールディングスは5月15日、レストラン「ロイヤルホスト」や「天丼てんや」などの不採算店70店程度を2021年末までに閉店すると発表しました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で業績が悪化しており、収益力の回復に向けて大規模なリストラを断行します。

フォト ロイヤルホストの売り上げと客数が大きく落ち込んでいる(イメージ)

 店舗の営業休止や外出自粛で外食事業の売り上げが大きく落ち込んだほか、機内食事業やホテル事業も大打撃を受け、同社の2020年1〜6月期は売上高が前年同期から約43%減の390億円、純損益が155億円の赤字(前年同期は7億5400万円の黒字)に転落する見通しになりました。

 緊急対応として物件費の削減や家賃の減額依頼、投資計画の先送りなどを実施するほか、今後も収益が見込めない70店舗程度を閉店。組織体制の効率化や社会の変化に対応した戦略の見直し、選択と集中による事業再編といったリストラにも踏み切ります。

フォト 各事業が大幅に落ち込んでいる(ロイヤルHDの説明資料より)
フォト 70店程度の閉店などに踏み切る(ロイヤルHDの説明資料より)

 同社は20年3月末時点でロイヤルホスト232店、てんや226店のほか、「カウボーイ家族」「シェーキーズ」「シズラー」など計560店舗(フランチャイズ含む)を全国で展開しています。

 ロイヤルホストの4月の既存店実績は、売上高が前年同期比で42.1%、客数は38.0%と大幅に落ち込んでいます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.