ニュース
» 2020年05月17日 20時00分 公開

「なんのために胃袋掴んだと思ってんの?」 幼なじみの男の子がよくご飯をくれる漫画にときめきが止まらない

3ページに尊いがあふれてる。

[宮原れい,ねとらぼ]

 異性の幼なじみがよく手料理をくれる漫画にときめく人が続出しています。こんなの落ちるにきまってるよ……。


男の子 幼馴染 よくご飯をくれる 漫画 胃袋掴む 料理男子 尊い キュンとする幼なじみのお話


 小学生の頃の調理実習からはじまり、中学時代は「間違えて1つ多く持ってきちった」とお弁当を、高校時代では林間学校で「スゲ〜余ったわ、コレもらってくんね」と、ことあるごとにご飯をくれる幼なじみ。その男の子は昔から料理が得意で、いつもうれしそうに手料理を渡してくれます。


男の子 幼馴染 よくご飯をくれる 漫画 胃袋掴む 料理男子 尊い 料理得意な男の子と、料理が苦手そうな女の子

 それから2人は一緒の大学に。そしてある日、男の子から一人暮らしの食生活を心配された女の子は「ホント、アンタには昔から餌付けされてばっかだよねぇ私」と振り返りつつ、「でもさすがに自炊できるようになんなきゃ。将来お嫁に行けなくて困っちゃうかも」とポツリ。すると、その言葉に対し男の子は笑いながら「それは困る」「勝手に行かれちゃ困る」と返します。どういう意味かと思ったら……。


男の子 幼馴染 よくご飯をくれる 漫画 胃袋掴む 料理男子 尊い 大学生になった2人。「勝手に行かれちゃ困る」の意味

 次にやさしくほほ笑む男の子から出てきたのは、「何のために胃袋つかんだと思ってんの?」というひと言。ほとんど告白のような言葉ですが、男の子もつい流れで言ってしまったようで、すぐに「あ、やべ…」と言いながら席を立ち、耳を赤くする姿が描かれています。幼なじみの一途な思いがあまりにも尊い……!


男の子 幼馴染 よくご飯をくれる 漫画 胃袋掴む 料理男子 尊い やりとりがただただ尊い……

 作者は、15歳の新人作家が初恋の人の幽霊と出会う漫画『25時のゴーストライター』を『ヤングガンガン』にて連載中の梶本あかり(@kajimotoakari)さん。ちなみに以前には、口裂け女と少年の漫画「口が裂けても君には」が話題になりました。



 投稿されたTwitterでは「キュンとした」「ニヤケが止まらない」と心が尊さで満たされた人の声が多く寄せられ、さらに最後の2人の「今夜はカレーな〜」「何よそれ!?」「えっ、カレーをご存じでない…?」「そうじゃなくって!」というやりとりに強くひかれる声もあり、人気を呼んでいます。




画像提供:梶本あかり(@kajimotoakari)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10