ニュース
» 2020年05月18日 10時00分 公開

「クロノ・トリガー」の名曲をイランとヨーロッパの楽器で弾いてみた動画が幻想的 ハックブレットが奏でる音色が心地良い

素晴らしい。

[宮原れい,ねとらぼ]

 名作RPG「クロノ・トリガー」の古代編で流れたBGM「時の回廊」を、珍しい楽器で演奏してみた動画が幻想的でステキです。やさしく心地良い音色に癒やされる。



時の回廊 イラン ヨーロッパ 楽器 弾いてみた クロノ・トリガー 演奏 「ハックブレット」という楽器の音色がステキ

 メインのメロディーと伴奏に使われてる楽器は、ドイツの「ハックブレット」。金属の弦をばちで打って演奏する“ハンマーダルシマー”と同じ系統の打弦楽器で、きめ細かいエスニックな響きと透き通るような音色が美しいです。

 動画では他にもイランの撥弦楽器「セタール」や、手で叩いて演奏する打楽器「トンバク」、バチで叩いて演奏するヨーロッパの古楽器「ロングドラム」を重ね、曲の始まりからの流れを一人の演奏で再現しています。


時の回廊 イラン ヨーロッパ 楽器 弾いてみた クロノ・トリガー 演奏 何度も聞きたくなる演奏動画です

 投稿者の蔡怜雄 Leo Sai(さいれお/@leosaitonbak)さんは、イランの打楽器を中心とした演奏家として活動中。幼少期から民俗楽器や古代の文明に興味を持っていたという蔡さんは、今回の投稿で「僕の音楽の原点は以外と小学生の頃のスーパーファミコンにもあるかも」とツイートしています。

 ちなみに印象に残っているゲームを尋ねてみたところ、「クロノ・トリガー」以外に「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」と「ロマンシング サガ3」のタイトルを挙げ、今後の演奏については「今回初めてゲームの楽曲を演奏したのですが、反響が大きかったのでまたやってみたいと思います」とコメントしています。


蔡怜雄 Leo SaiさんのYouTubeチャンネル

画像提供:蔡怜雄 Leo Sai(@leosaitonbak)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.