ニュース
» 2020年05月18日 15時20分 公開

100円ショップのマウスパッド内に「ヌムリテス」の化石を発見! “大理石マウスパッド”にロマンが詰まっていた

化石に詳しい人じゃないと気付かない。

[コンタケ,ねとらぼ]

 100円ショップで売っていた大理石のマウスパッドに、単細胞生物「ヌムリテス」やサンゴの化石が入っていたというロマンあふれる話がTwitterに投稿されました。化石ってこんな身近にあるものだったのか……!



100均 マウスパッド 化石 ヌムリテス サンゴ ダイソー 化石が入っていたマウスパッド

100均 マウスパッド 化石 ヌムリテス サンゴ ダイソー ヌムリテスの拡大画像

 このツイートを投稿したのは、古生物学者の芝原暁彦さん(@AShibahara)。見つけたヌムリテスの化石は直径約5ミリメートルで、顕微鏡がなくてもスキャナーで撮影できたそうです。

 化石というと博物館に行ったり、化石として販売されている石などを購入したりしないと見られない印象があるもの。まさか100円ショップのマウスパッドの中に紛れ込んでいるとは、意外です。

 この化石について、芝原さんに話を聞いてみました。

―― こうした市販品に化石が入っていることはよくあるのでしょうか。

芝原:はい。必ずしも頻繁に入っているわけではありませんが、石で作られた食器や、ビルの床材・壁材などに入っていることがあります。有名なところだと、ドイツから輸入されたジュライエローという黄色い石材でしょうか。庭石や内装などに使われていて、海の生物の化石が入っていることがあります。

 駅の壁にもアンモナイトをはじめとする化石が入っています(こちらについては雑誌『東京人』2018年10月号の「石に恋して」コーナーで、都内の駅で見られる化石についてまとめました)。

―― 購入時、他のマウスパッドにも化石は入っていましたか。

芝原:ちょっと記憶が定かでないのですが、入っていた可能性はあります。

―― 購入した100円ショップの店名を教えてください。

芝原:つくばのデイズタウンという商業地域のダイソーだったと思います(いま、この店舗は閉まっています。デイズタウン自体は変わらず営業中です)。




 さらに芝原さんは、「今後もこうした身の回りで見られる化石や岩石を発信しつつ、また皆さんと博物館でお会いできる日を願っております」とコメントしています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」