ニュース
» 2020年05月19日 17時00分 公開

銀座の名店同士が名物商品をリレー形式で交換 助け合いの輪がSNSで広がる

コロナ問題が収束したら物々交換は終了。最後の品は全参加店の連名で国か都へ寄付される予定です。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 コロナ不況に苦しむ銀座の商店や飲食店を応援しようと、老舗和菓子店「木挽町よしや」がSNS上で「物々交換プロジェクト」を始めました。名店から自慢の品を募り、交換して代わる代わる紹介する試みです。


物々交換 出発点は木挽町よしやのどら焼き

物々交換 どら焼きから銀座菊廼舎の和菓子「富貴寄」に交換

物々交換 次はイタリア料理店「ヴォメロ」との交換でワインに

物々交換 次の交換相手は、なんと銀座出身の落語家、十一代金原亭馬生師匠。ワインはオフィシャルの手ぬぐいに

物々交換 手ぬぐいはJRAウインズ銀座のオリジナルグッズ3点セットに。物々交換のバトンが渡るとともに、銀座の名物が周知されていく

 物々交換は4月2日、同店の名物のどら焼きからスタート。これをもとに交換で手に入れた品をTwitterで紹介し、さらに交換して新しい品を紹介します。このリレーを繰り返すことで、各店の名品を次々とアピールし助け合えるわけです。


物々交換 交換のルールはごくシンプル。交換した品を木挽町よしやのアカウントで紹介し、再び交換するのみ

 この物々交換の輪は、銀座菊廼舎の和菓子「富貴寄」、イタリア料理店「ヴォメロ」のワイン、銀座出身の落語家 十一代目金原亭馬生師匠、JRAウインズ銀座のオリジナルグッズと毎日のようにつながり、交換回数は20回を超えるまでになりました。

 ねとらぼ編集部は木挽町よしやを取材し、プロジェクトの経緯を聞きました。どら焼きが有名な木挽町よしやは、オリジナル焼き印の製作も手掛けており、企業などから請け負った焼き印を6000本以上預かっているとのこと。こうした事情から顧客の苦境を生で聞く機会も多く、何か役に立てることはないかと今回のプロジェクトを始めたといいます。

 4月に始動して以来、受けた問い合わせは1週間に約10件。日程が合えば交換しており、未公開分を含めて25回のバトンが回っているそうです(取材日の16日時点)。「銀座の街は絆が強いと感じました。助け合いの気持ちやお互いを思いやることができているからこそ、一番輝き続けている街なのだと実感いたしました」(よしや担当者)。

 どら焼きに始まった物々交換は、24回の交換を経て、執筆時点ではクインテッサホテル東京銀座のデイユースプラン招待券を紹介。なお、プロジェクトはコロナ問題の収束をもって終了し、最後の品は全参加者の連名で国か都に寄付される予定です。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる