ニュース
» 2020年05月19日 17時00分 公開

銀座の名店同士が名物商品をリレー形式で交換 助け合いの輪がSNSで広がる

コロナ問題が収束したら物々交換は終了。最後の品は全参加店の連名で国か都へ寄付される予定です。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 コロナ不況に苦しむ銀座の商店や飲食店を応援しようと、老舗和菓子店「木挽町よしや」がSNS上で「物々交換プロジェクト」を始めました。名店から自慢の品を募り、交換して代わる代わる紹介する試みです。


物々交換 出発点は木挽町よしやのどら焼き

物々交換 どら焼きから銀座菊廼舎の和菓子「富貴寄」に交換

物々交換 次はイタリア料理店「ヴォメロ」との交換でワインに

物々交換 次の交換相手は、なんと銀座出身の落語家、十一代金原亭馬生師匠。ワインはオフィシャルの手ぬぐいに

物々交換 手ぬぐいはJRAウインズ銀座のオリジナルグッズ3点セットに。物々交換のバトンが渡るとともに、銀座の名物が周知されていく

 物々交換は4月2日、同店の名物のどら焼きからスタート。これをもとに交換で手に入れた品をTwitterで紹介し、さらに交換して新しい品を紹介します。このリレーを繰り返すことで、各店の名品を次々とアピールし助け合えるわけです。


物々交換 交換のルールはごくシンプル。交換した品を木挽町よしやのアカウントで紹介し、再び交換するのみ

 この物々交換の輪は、銀座菊廼舎の和菓子「富貴寄」、イタリア料理店「ヴォメロ」のワイン、銀座出身の落語家 十一代目金原亭馬生師匠、JRAウインズ銀座のオリジナルグッズと毎日のようにつながり、交換回数は20回を超えるまでになりました。

 ねとらぼ編集部は木挽町よしやを取材し、プロジェクトの経緯を聞きました。どら焼きが有名な木挽町よしやは、オリジナル焼き印の製作も手掛けており、企業などから請け負った焼き印を6000本以上預かっているとのこと。こうした事情から顧客の苦境を生で聞く機会も多く、何か役に立てることはないかと今回のプロジェクトを始めたといいます。

 4月に始動して以来、受けた問い合わせは1週間に約10件。日程が合えば交換しており、未公開分を含めて25回のバトンが回っているそうです(取材日の16日時点)。「銀座の街は絆が強いと感じました。助け合いの気持ちやお互いを思いやることができているからこそ、一番輝き続けている街なのだと実感いたしました」(よしや担当者)。

 どら焼きに始まった物々交換は、24回の交換を経て、執筆時点ではクインテッサホテル東京銀座のデイユースプラン招待券を紹介。なお、プロジェクトはコロナ問題の収束をもって終了し、最後の品は全参加者の連名で国か都に寄付される予定です。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた