連載
» 2020年05月18日 18時00分 公開

留学も音楽もバイトも続かない……。三石由起子の熱いアドバイスも響かない無気力相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト (1/2)

「世界が好きじゃない」……!

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは5月14日(木)放送の柴田理恵パーソナリティー回。

 留学も音楽もバイトも、何をやっても続かない無気力な女性からの相談。

テレフォン人生相談

何もやりたくない、世界が好きじゃない

 相談者は26歳女性。ひとりっ子で、現在ひとり暮らし中。父親はおらず(死別なのか離婚なのかは不明)実家には母親がひとりで住んでいる。

 「何もやりたくなくて、何のために生きているのかが分からなくて……」

 50歳、60歳が当たり前の「テレフォン人生相談」では珍しい20代の相談者。若者らしいモラトリアムな悩みだ。

 「アルバイトとかに行ったり、たまにするんですけれど、働くのが苦痛で、お金を得るためにがんばろうっていう風に思えないし……」「それがなくなったら、そこまでがんばってまで生きていくモチベーションがないっていうか……」

 相談者は大学受験に失敗し、代わりに「向こうの大学に行くだとか、向こうで働くとか、そういう人生に憧れて」留学をしたものの、体調を崩してしまい途中で帰国。その後、ひとり暮らしをはじめたが、バイトなども続いた試しがないという。

 家賃などの生活費は母親に出してもらっており、足りない分は自分の貯金を切り崩して生活しているそうだが、その貯金も半年くらいでなくなってしまいそうなのだ。

 「何もやりたいことがない」と語る相談者だが、ひとり暮らしをはじめたきっかけには、ある夢があったという。

 「音楽の道をやろうと思って出てきたんですけれど……」

 「じゃあ夢あるじゃない、音楽の!」

 「私としては、あんまり現実的じゃないなっていう感じはするんですけれど、母としてはすごい期待して応援してくれているんですけれど……。やっぱり生活のためには、働かなきゃいけないので」

 つかみ所のない無気力な若者……。電話から聞こえてくる声からも覇気がないのが伝わってくる。

 「何を見てもそこまで感動したりとか、世界がなんか好きじゃないっていうか……。一部の人だけがすごいお金を持っていてね、他の人たちはすごい安い金額でよくない生活をしている、みたいな……」

 それはわりとみんな思ってることだけどね……。それでも“すごい安い金額で”働いてるんだよッ!

テレフォン人生相談

三石由起子はオペラの素晴らしさを説くが……

 この日の回答者は三石メソード主宰、作家で翻訳家の三石由起子。

 「何を見ても感動しないってアナタおっしゃったけど、そういうこと言う人って何も見てないんだよ!」「やりたいことがないって言うけどさ、知識がないと遊べないんだよね」

 この手の無気力な若者に、いつものような三石節をガツンとかまして欲しいと期待してしまうが、アドバイスは若干変な方向に進んでいく。

 「アナタ、あの『音楽』っていう言い方したけど、それは何ですか?」

 「歌です」

 「歌かーっ! 歌を習ってるの?」

 「芸能事務所みたいなところに入って、たまにレッスンがあるみたいな感じで……」

 相談者が歌を習っていると知り、三石のテンションが突然一段階上がる。

 「歌だったらね、私は歌40年以上やってんのね! クラッシックの先生についてイタリアの歌曲をやってるんですけど」「イタリアの歌曲って恋の歌じゃない? 感情移入しないと歌えなかったりね、結構、脳が活性化するのよ!」

 三石先生、歌やってるのか……。

 音大の学生課に行けば安く教えてくれる学生を紹介してもらえる。自分で通ってもいいけど、先生の方から来てもらえばサボれないからいい……などなど、自分が熱心に習っていることだけに、いつも以上にマシンガントークが繰り広げられるが、相談者の方は打てど響かずといった感じだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.